コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

コンサル業界ニュース

野村総合研究所「データ分析のビジネス活用」をテーマとする2018年度までのITロードマップを発表。


 

ビッグデータという言葉に代表されるように、データ分析ビジネスが注目されている。そんな中、野村総合研究所は、2018年度までに企業等で「データ分析のビジネス活用動向がどのように進展するか」を予測した、「ITロードマップ」を発表した。

野村総研によると、「データ分析をビジネスに活用するためには「データサイエンティスト」が不可欠だが、現時点では日本企業で社内にデータサイエンティストがいる企業は8%程度と、ごく一部であり、今後、現場力とコンサルタント的スキルを持つ「日本型データサイエンティスト」が登場し活躍することにより、データ分析がビジネス展開に大きく貢献する成功事例が徐々に現れてくる」と予測をしている。具体的には、

  • 2013~2014年度:データ活用の黎明期。日本型データサイエンティストが活躍し始める
  • 2015~2016年度:社内の一部門の活動から、全社的なデータガバナンスへの発展期。日本企業でもCDOやCAOの設置が進み、データガバナンスが進む
  • 2017年度以降:戦略的なデータ活用の普及期。社内外のデータを自在に連係させ、ビジネスへの活用が一段と進む

ということだ。報告では「個別プロジェクトで成功事例が現れ始め、日本企業に必要なのは「日本型データサイエンティスト」であることが理解され始る」とあり、現在はまだ、データ活用の黎明期であるということだ。

今の段階で成功事例が多く出るかどうかで、今後5年間のデータ分析ビジネスが盛り上がってくるかどうか?カギを握っているということだろう。詳しくは以下のリリースをご覧ください。

http://www.nri.com/jp/news/2013/131122.aspx

投稿日: 2013年11月25日 | 投稿者: Consulting Industry News





企業特有のノウハウを動画で共有するツールClipLine


シグマクシスVision Forest~アートを活用した組織変革プログラム~


スカイライト、東京Vとの資本・業務提携を語る


コンサルサーチフリーコンサルタントに案件紹介

Think CAREERコンサルファーム卒業後の起業を支援

Think CAREERポストコンサルキャリアで経営者を目指す方を支援
お問合せ プロフェッショナルを探す企業の方はこちら コンサル登録 スキル・ご要望にマッチした案件情報を随時ご紹介いたします 独立のご相談 独立や起業を検討されている「検討中」の皆様も、是非、弊社にコンタクトください

1.ファーム別

2.テーマ別

3.業界別

4.調査研究/コラム/オピニオン

5.その他のニュース

未分類