コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

コンサル業界ニュース

カテゴリー: 製造業

アクセンチュア、ソニーの国内グループ向け情報システム関連業務の一部受託。合弁会社設立を予定。


 

ソニー株式会社の100%子会社であるソニーグローバルソリューションズ株式会社(以下、SGS)とアクセンチュア株式会社は、国内ソニーグループ向け情報システムの運用保守業務の一部をSGSがアクセンチュアに業務委託するための契約を締結したと発表

また、今回の業務委託にあたり、SGSとアクセンチュアは、2014年4月を目途に当該運用保守業務の一部をアクセンチュアから受託する合弁会社を設立し、当該合弁会社に現在SGSで行っている業務の一部を移管することに合意したことも発表

詳しくは以下のアクセンチュアプレスリリースをご覧ください。 http://www.accenture.com/jp-ja/company/newsroom-japan/Pages/news-releases-20130913.aspx


 

投稿日: 2013年09月13日 | 投稿者: Consulting Industry News

アビームコンサル他2社、製造業サプライチェーンマネジメントに関するセミナー開催。


 

10月18日にアビームコンサルティングはJFEシステムズ、キナクシス・ジャパンと共に「変化の激しい経営環境における利益管理の新しい武器 次世代のサプライチェーンマネジメント! ~ 『S&OP』」をテーマにセミナーを開催すると9月6日発表した。サプライチェーンマネジメントのレベルアップに悩んでいる製造業の担当者を対象に、S&OPをテーマとしたセミナーであるということだ。

セミナーでは、アビームコンサルティング プロセス&テクノロジー 第3事業部シニアマネージャー 竹田博彦氏による「アビームコンサルティングが提唱する S&OP 導入のキーポイント」、JFEシステムズ 製造流通SI事業部 堀部寛貴氏による「先行事例にみるS&OPのシステム構築と業務改革」、キナクシス・ジャパン金子 敏也、鈴木 壮両氏による「S&OP実現のための切り札~次世代SCMソリューション『Kinaxis RapidResponse』の紹介~」の3つのトピックが聞くことができる模様だ。以下のページで、詳細・申し込みを受け付けている。

http://jp.abeam.com/news/nt2013/20131018_seminar.html


 

投稿日: 2013年09月09日 | 投稿者: Consulting Industry News

米IBM、3Dプリンターのコンサル事業開始。モノづくりの革新へ


 

7月17日、朝日新聞は「米IBM、3Dプリンターで革新―コンサル参入」との記事を掲載した。3Dプリンターは製造業のビジネスに革命を起こすとも言われているが、その流れに目を付けた大手コンサルティング会社の動きとして面白い。

記事によると、米IBMは3Dプリンターを用いたモノづくり事業を支援するコンサルティング業務を開始するとのことで、3Dプリンターの活用、設計データの共有化、自動制御・組み立ての3点を支援してサプライチェーンに革新を起こすことを企図している。

同社は補聴器や洗濯機などの製造における3Dプリンターの影響力を検証。結果3Dプリンターによるモノづくり革命の効果は絶大であることが判明し、今後その波は大きくなっていくとの見方が強まっているということだ。

一方で「調査したサプライチェーン担当の7割が自社工場や戦略が時代遅れなことに気付いていない」としており、3Dプリンターのコンサル事業を世界的に展開していく方針ということ。詳しくは以下のサイトをご覧ください。

http://www.asahi.com/tech_science/nikkanko/NKK201307170008.html


 

 

投稿日: 2013年07月24日 | 投稿者: Consulting Industry News

ネクステック、レポート夏号発表。PDCAサイクルを回すために「製品別連結損益の見える化」を


 

製造業向けコンサルティングサービスを提供するネクステックは、7月ネクステック・レポート2013年夏号を発表した。同カンパニーは過去はマザーズに上場しているコンサルティング会社であったが、債務超過に陥り経営共創基盤の支援を受けた後、現在は同社の一部となっている。3ケ月ごとにレポートを出して居る模様。

今回のテーマは「製品別連結損益の見える化」などについて。「粘り腰による事業運営で確かな成果を」の記事の中では「社内の利害調整」の在り方を考えることが経営管理インフラを構築する上で重要だとした。執筆者はIGPIパートナー/マネージングディレクターの木村尚敬氏。「モノづくり教室」の記事の中では企業のPDCAサイクルを円滑に回していくためにはC(Check)が重要であるとし、そのためには製品別連結損益の見える化を行っていく必要があるとした。執筆者は同マネージングディレクターの中西章氏ら。

詳しくは以下のサイトをご覧ください。
http://www.nextechcorp.com/2013/07/topics964/


 

投稿日: 2013年07月23日 | 投稿者: Consulting Industry News

電通系のITコンサル会社ISID、住友ゴムの子会社に自社システムSTRAVISが採用されたことを公表


 

株式会社電通国際情報サービス(ISID)は5月27日、自社HP上で「ISIDとISID上海、住友ゴムグループの中国統括会社に連結会計システム『STRAVIS』を提供」との記事を発表した。
記事によると、ISIDとISID上海は住友ゴム工業株式会社の中国統括子会社における経営管理システムとして、同社が提供する連結会計システム「STRAVIS」が採用されたとのこと。「STRAVIS」は制度連結会計と管理連結会計の融合を目的とした連結会計ソリューション。導入の背景には住友ゴムグループが、タイヤ市場の拡大に伴い業績管理機能の強化や作業負荷の低減を必要としていたことなどがあるとのこと。
「STRAVIS」の導入により、連結会計作業の軽減や、管理精度の向上などが見込めるという。

詳しくは以下のサイトをご覧下さい。
http://www.isid.co.jp/news/2013/0527.html


 

投稿日: 2013年06月03日 | 投稿者: Consulting Industry News

iTiDコンサルティング 設計段階の手戻り防止によるコストダウンセミナー開催


 

iTiDコンサルティングは5月23日(木)に(株)日本テクノセンター様に出講し、セミナーを開催する運びとなったことを発表した。同セミナーでは、手戻りコスト削減を目的にモデルベース開発やシステム設計といったキーワードを交えながら設計上流を中心とした開発の進め方について考え方と具体的な手段を演習を通じて体感いただけるとのことである。

詳しくは同社のホームページをご覧ください。
http://www.itid.co.jp/event/20130501.html

投稿日: 2013年05月15日 | 投稿者: Consulting Industry News

富士通総研オピニオン「ビッグデータがもたらす製造業の商品企画変革」を公表


 

富士通総研産業事業部マネジングコンサルタントの竹本 将和(たけもと まさかず)氏は、富士通総研のHPオピニオンにて、「ビッグデータがもたらす製造業の商品企画変革」と題し、商品企画部門として「お客様ニーズの先取り」と「早期の市場投入」を実現するための方策の考察について公表した。

ソーシャルメディアの情報を中心に、ビッグデータと言われる情報と今まで利用してきた情報を組み合わせることで、商品企画/市場投入プロセ スを効率化し、最大限の効果を得られる仕組みを作れると考えているとし、新たな商品企画プロセスを提案している。

詳細はこちらのページをご覧ください:
http://jp.fujitsu.com/group/fri/column/opinion/201305/2013-5-1.html?from=mn130507i

投稿日: 2013年05月07日 | 投稿者: Consulting Industry News



ClipLineインタビュー


Vision Forestインタビュー


東京Vとの資本業務提携インタビュー


フリーコンサルタントに案件紹介
コンサルサーチ


コンサルファーム卒業後の起業を支援
Think CAREER


ポストコンサルキャリアで経営者を目指す方を支援
Think CAREER
お問合せ プロフェッショナルを探す企業の方はこちら コンサル登録 スキル・ご要望にマッチした案件情報を随時ご紹介いたします 独立のご相談 独立や起業を検討されている「検討中」の皆様も、是非、弊社にコンタクトください

1.ファーム別

2.テーマ別

3.業界別

4.調査研究/コラム/オピニオン

5.その他のニュース

未分類