コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

コンサル業界ニュース

カテゴリー: マーサー

マッキンゼー出身の大嶋祥誉氏「マッキンゼーのエリートが大切にしている39の仕事の習慣」を出版。


 

マッキンゼー出身の大嶋祥誉(おおしま さちよ)氏が7月下旬に、書籍「マッキンゼーのエリートが大切にしている39の仕事の習慣」を出版。

本書は「世界最高峰のコンサルティングファームで大切にされている39の仕事の習慣を紹介」しているということだ。

著者の大嶋祥誉(おおしま さちよ)氏は現在、センジュヒューマンデザインワークス代表取締役。エグゼクティブ・コーチ、組織開発・人材育成コンサルタントとして活躍している。マッキンゼーでは新規事業の立ち上げ戦略、全社戦略立案、営業戦略立案などのコンサルティングプロジェクトに従事。その後、ウィリアム・エム・マーサー、ワトソン・ワイアット、グローバル・ベンチャー・キャピタル、三和総合研究所にて、経営戦略や人材マネジメントへのコンサルティングおよびベンチャー企業支援に携わる。2002年より独立。

著書に『マッキンゼー流 入社1年目の問題解決の教科書』、『マッキンゼー流 入社1年目のロジカルシンキングの教科書』(ともにSBクリエイティブ)などがある。詳しくは右のリンクからご覧ください。

投稿日: 2014年08月09日 | 投稿者: Consulting Industry News

マーサー 給与・福利厚生に関する市場調査 「TOTAL REMUNERATION SURVEY(TRS)」 2013年度レポートを発表


 

12月6日、マーサージャパン株式会社は、グローバル共通の手法で構成された日本市場の報酬調査「Total Remuneration Survey (TRS)」レポートのリリースを発表。この調査は、海外の企業では非常に一般的に実施されている調査であり、報酬設定の基礎データとして活用されている。

本調査の結果から下記のような傾向が明らかとなったということだ。

  • ベンチマーク対象市場が従来の全産業からより特定産業へシフト
  • 報酬レベルの上下幅は拡がりを見せており、特に上層部でその傾向が強い
  • 組織長に対して昇給率凍結をした企業数は2012年比で増加
  • 2014年4月の消費税増税に対する昇給率の動きは見られない
  • 営業の管理職は絶対数として減少している
  • 管理職・専門職は全レベルで男性が女性よりも報酬水準が高いが、一般職では逆転現象が起こる

本調査を活用することにより、競合を意識した報酬制度設計、職務内容・レベルに応じた報酬制度設計等が可能となると述べており、マーサーはこの結果を活用しコンサルティングを行っていると推測できる。

詳しくは以下のリリースをご覧ください。

http://www.mercer.co.jp/press-releases/1567880

投稿日: 2013年12月10日 | 投稿者: Consulting Industry News

マーサー「2013年グローバル・パフォーマンス・サーベイ」調査結果を発表。


 


 

人事組織コンサルティングのマーサーは「2013年グローバル・パフォーマンス・サーベイ」調査結果を発表した。

人材こそが競争上の強みとなり得る重要な資産であるということは周知の事実であるが、効果的な「パフォーマンス・マネジメント・プログラム」の設計・運用にあたり、多くの企業が未だに困難に直面している。マーサーが実施した「2013年グローバル・パフォーマンス・サーベイ」おいて、「自社のパフォーマンス・マネジメント制度は全体的に極めて優れた価値を提供する」と回答した企業は、世界中でわずか3%だったと報告している。詳しくは以下、マーサージャパンの調査結果をご覧ください。

http://www.mercer.co.jp/press-releases/1556105

投稿日: 2013年10月29日 | 投稿者: Consulting Industry News

マーサー、ミャンマーの人事・雇用に関するレポートを発表。


 

8月20日、組織・人事マネジメントコンサルティング大手のマーサーは「ミャンマー現地で雇用する役職員の報酬に関するレポート」と「ミャンマーにおける人事ガイド」の2つのレポートを発表した。

前者の「ミャンマー現地で雇用する役職員の報酬に関するレポート」は、ミャンマーでビジネス立ち上げ予定の企業はもとより、既に進出している企業に向けたミャンマーの報酬データである。

また後者の「ミャンマーにおける人事ガイド」は、ミャンマーにおいてビジネスを立ち上げる際に人事関連として必要な判断材料を提供するとのこと。

これらのレポートを活用することで、多くの海外企業がミャンマーへの参入機会を伺う中、報酬パッケージに関する市場動向とマーケットの水準を正確に把握することが可能となるため、ミャンマーにおいて最も大切な資産である有能な人材を長期に亘り惹きつけ、リテンションし続けることが可能となるということだ。

マーサーは組織人事に関する世界的なコンサルティングファームの中心として、このようなデータや情報を元にグローバルに活動する企業を支援している。「海外報酬ベンチマーキング」といったセミナーも開いており、海外報酬ベンチマーキングの主要報酬項目をご紹介し、報酬水準の妥当性の検証手法、更に本社からの視点で見た実際の事例を交えてマーケットデータに基づき考察している(同社ウェブサイトより)。次回は8月29日に開かれる予定。詳しくは以下のページをご覧ください。

ミャンマーに関するレポートについて:http://www.mercer.co.jp/press-releases/1547320
「海外報酬ベンチマーキング」セミナーについて:http://www.mercer.co.jp/events/1494390


 

投稿日: 2013年08月22日 | 投稿者: Consulting Industry News

HRサミット2013講演者へのショートインタビュー、マーサージャパン元社長柴田励司氏


 

HRプロ株式会社は、HRプロ主催の「HRサミット2013講演者へのショートインタビュー」として、世界最大級の人事コンサル会社マーサージャパン元社長である、株式会社 Indigo Blue 代表取締役社長/柴田 励司氏のインタビューをホームページに掲載した。

日本のトップマネジメントの年齢が多国籍企業と比較し10歳年齢が上であることを指摘し、日本の40代ミドルマネジャーの状況の深刻さを指摘。彼らが行っている研修について述べている。詳細は6月5日にHRサミット2013にて講演が行われるという。詳しくは以下のページをご覧ください。

http://www.hrpro.co.jp/series_detail.php?t_no=379

投稿日: 2013年05月14日 | 投稿者: Consulting Industry News

3月18日(土)当社主催イベント



ClipLineインタビュー


Vision Forestインタビュー


東京Vとの資本業務提携インタビュー


フリーコンサルタントに案件紹介
コンサルサーチ


コンサルファーム卒業後の起業を支援
Think CAREER


ポストコンサルキャリアで経営者を目指す方を支援
Think CAREER
お問合せ プロフェッショナルを探す企業の方はこちら コンサル登録 スキル・ご要望にマッチした案件情報を随時ご紹介いたします 独立のご相談 独立や起業を検討されている「検討中」の皆様も、是非、弊社にコンタクトください

1.ファーム別

2.テーマ別

3.業界別

4.調査研究/コラム/オピニオン

5.その他のニュース

未分類