コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

コンサル業界ニュース

カテゴリー: 9.その他

ジェネックスパートナーズ、シックスシグマオフィシャルページをリニューアル。


 

11月29日、ジェネックスパートナーズは、シックスシグマオフィシャルページをリニューアルした。

シックスシグマとは何か?

当ホームページによると、シックスシグマは組織変革のグローバルスタンダード。2011年に「ISO 13053:定量的プロセス改善手法 シックスシグマ」として制定もされている。

世界中のあらゆる、企業、団体で幅広く実践されており、ビジネスの共通言語となっているという。

このページを運営するジェネックスパートナーズは、旧ジェミニコンサルティング出身者と、シックスシグマ導入に携わっていたGE(ゼネラルエレクトリック)出身者が2002年に立ち上げた、独立系コンサルティングファーム。ハンズオン型業務改革支援を得意とする。

代表取締役会長 眞木和俊氏はシックスシグマに関する書籍を数多く出しているシックスシグマの第一人者。同氏を中心に、様々な組織へのシックスシグマの導入支援もサービスの一つとしている模様。

詳しくは以下をご覧ください。 http://www.sixcg.com/

投稿日: 2013年12月02日 | 投稿者: Consulting Industry News

電通、企業キャラクター・コミュニケーションに関わるコンサルティングの開始を発表。


 


 

11月8日、株式会社電通は、企業キャラクターの戦略的な開発や効果的なコミュニケーションのための活用手法を体系化したことを発表。また、企業や商品・サービスのシンボル、また企業と生活者を円滑に結ぶコミュニケーターとして活躍するキャラクターの新規開発や既存キャラクターのリブランディングも可能となるため、このキャラクター・コミュニケーションのメソッドを活用したコンサルティング・サービスを、企業や官公庁、自治体、諸団体向けに提供していく事も発表した。

同社はまた、「電通キャラクター・コンサルティング」を発足。キャラクターコンサルタント、ブランドコンサルタント、クリエーター、ストラテジックプランナー、ライツマネジメントなどの専門家で構成しており、キャラクター・コミュニケーションに関わるソリューションをワンストップで提供できる体制を構築したという。企業キャラクターの開発やその活用方法、既存企業キャラクターのリブランディング戦略の策定などに関するコンサルティングとコミュニケーション活動の提案を行い、その実施をサポートしていくということだ。詳しくは以下のプレスリリースをどうぞ!

http://www.dentsu.co.jp/news/release/2013/pdf/2013115-1108.pdf

投稿日: 2013年11月14日 | 投稿者: Consulting Industry News

人材育成・組織開発・教育研修のアルー。学生に関する調査と、若手研修の方向性についてのレポートを発表


 

7月2日、アルー株式会社は自社プレスリリースにて大学関係者、NPO関係者など約50名にインタビューを実施し、「近年の典型的な学生の特徴とその背景」、「新人・若手社員研修の企画・設計の方向性」についてのレポートを作成したと発表した。アルー株式会社はグローバル人材育成・組織開発・教育研修コンサルティングを提供しており、代表の落合文四郎氏はボストンコンサルティンググループを経て同職。また取締役の池田祐輔氏はA.T.カーニーを経て同社を立ち上げた経歴を持つ。

同調査は今後の新人・若手社員育成を考えるために行われたとのこと。これによると、近年の学生の特徴として「型」にはめこむ「HOW」教育の影響を強く受けた受益者意識が学生の間に見られるという。これを受けて、同社は従来の若手社員育成・研修プログラムを見直す必要性を示唆している。

詳しくは以下のサイトをご覧ください。

http://www.value-press.com/pressrelease/113030/QoHViIZK/3109


 

投稿日: 2013年07月07日 | 投稿者: Consulting Industry News

戦略実行ファームのバレオコン「世界最強の交渉スキルトレーニング」展開中


 

バレオコンジャパンは今年の春より英国スコットワーク社の交渉スキルトレーニングを日本において開講している。

「交渉」は日本人ビジネスマンが苦手な分野の筆頭に挙げられる。そんな中、同社は交渉スキルトレーニングを通じて、日本人の交渉スキルを「グローバル水準に引き上げる」ことを目的としているトレーニング対象先は大手グローバル流通業を中心に広がりを見せている。代表の太田信之氏は我々当編集部に対し「人事や教育研修部門よりも、バイヤー、営業など、ビジネス最前線の部門トップからの引き合いが非常に強い」とのコメントを寄せた。

同スキルトレーニングコースは「準備」や「論議」といった8ステップを踏んで、前夜プラス2日半に渡り行われるもの。参加者の満足度が極めて高いプログラムだけあって、同社も「世界最強の交渉スキルトレーニング」と謳っている。

なお、バレオコンジャパンはドイツを本社に構えるグローバルファームの日本支社。グローバルでは100名程度のコンサルタントを抱える。得意とするテーマは、戦略の実行と成果実現、グローバルの組織・リーダーシップ開発、製造業・製薬医療機器業界などをテーマに大手企業を支援している。太田信之氏が日本支社代表兼アジアパシフィック代表を務めている。

詳しくは以下のサイトをご覧ください。
http://valeoconjapan.jp/2013/01/ans-intro/


 

投稿日: 2013年07月03日 | 投稿者: Consulting Industry News

リクルートマネジメントソリューションズ、「女性管理職」のレポートを発表。期間限定で無料提供


 

6月27日、リクルートマネジメントソリューションズは女性管理職のリアル」調査レポートを発表し、このレポートを、来月19日までの期間限定で無料提供することを発表した。

レポートは、女性管理職と男性マネジャーの間にどのような違いがあるのか、ということに焦点を当てて作成されており、女性管理職が「仕事には何を求めているか?」「管理職にどのような不安を抱いていたか?」などについて、調査がなされている。同社は他にも「女性活躍推進の先にあるもの」などの特集記事を組んでおり、女性の社会進出に注目している。レポートは同社のメルマガ会員限定の企画であり、無料で得るためには登録が必要であるもよう。

詳しくは以下のサイトをご覧ください。

http://www.recruit-ms.co.jp/newsrelease/newsrelease_detail/org_key/0000000094/


 

投稿日: 2013年06月28日 | 投稿者: Consulting Industry News

リクルートマネジメントソリューションズ、日産自動車と協業。日産復活の課題解決手法を用いた研修サービス提供開始


 

株式会社リクルートマネジメントソリューションズは先月31日、日産自動車の課題解決プログラム「V-up」を用いた研修サービスを提供することを自社HPにて発表した。

「V-up」は日産自動車の社長として有名なカルロス・ゴーン氏が改革に用いた社内課題解決プログラム。2001年より日産社内で用いられ、社内部署を越えたクロスファンクショナルチームで社員が課題解決を討議することを特徴としている。2013年3月には日産自動車(株)V-up推進・改善支援チームにより、V-upに関する書籍も出版されており、プログラムについてはの内容が収められている。

日産はこのノウハウを外部に販売展開していくことを進めているもようで、今回リクルートマネジメントソリューションズがそのパートナーに選ばれたと言える。

リクルートマネジメントソリューションズは企業の人材、組織強化や経営コンサルティングを行っており、同社は今回の目的について「顧客の課題解決力の向上とホワイトカラーの生産性向上」などを挙げている。

またこれに伴い、「V-up」のスペシャリストによる無料セミナーが7月4日に開催されるとしている。詳しくは以下のサイトをご覧下さい。

http://www.recruit-ms.co.jp/newsrelease/newsrelease_detail/org_key/0000000092/


 


投稿日: 2013年06月11日 | 投稿者: Consulting Industry News

SAS 銀行業向け顧客分析ソリューションとコンサルサービスの提供を開始


 

ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社は5月27日、主に地方銀行を対象に、銀行業向けに特化した統合顧客分析ソリューションである「SAS® Customer Analytics for Banking (カスタマー・アナリティクス・フォー・バンキング)」と、同ライセンスの導入・運用に関するコンサルティング・サービスの提供を開始すると発表した。

SAS Customer Analytics for Bankingは、顧客情報を一元化して分析のためのデータ環境を整備し、同一の情報に基づいた整合性のある顧客サービスを実現。銀行業で多数の実績をもつSASの予測分析機能で個々の顧客の状況を正確に把握し、クロスセルやアップセルの機会発掘、離反や休眠の予兆を検知することが可能を可能とするという。詳しくは以下をご覧ください。

http://www.sas.com/offices/asiapacific/japan/news/press/201305/27.html

投稿日: 2013年05月27日 | 投稿者: Consulting Industry News

6月24日(土)13:00~当社主催



ClipLineインタビュー


Vision Forestインタビュー


東京Vとの資本業務提携インタビュー


フリーコンサルタントに案件紹介
コンサルサーチ


コンサルファーム卒業後の起業を支援
Think CAREER


ポストコンサルキャリアで経営者を目指す方を支援
Think CAREER
お問合せ プロフェッショナルを探す企業の方はこちら コンサル登録 スキル・ご要望にマッチした案件情報を随時ご紹介いたします 独立のご相談 独立や起業を検討されている「検討中」の皆様も、是非、弊社にコンタクトください

1.ファーム別

2.テーマ別

3.業界別

4.調査研究/コラム/オピニオン

5.その他のニュース

未分類