コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

コンサル業界ニュース

カテゴリー: PwC

PwC Japan「フィンテック&イノベーション室」を40人体制で始動


 

PwC Japanグループは、8月1日、「フィンテック&イノベーション室」を設置したと発表。フィンテック企業と金融機関との提携・合併をサポートするアドバイザリーサービス、提携・合併する上での課題であるITセキュリティや規制対応、業務プロセスの統合のサポートや各種保証業務を含めたアシュアランスサービス、ならびに税務・法務面での支援をワンストップで提供する。

金融機関向けに
金融機関向けには、フィンテック関連情報提供、事業戦略立案、法規制対応、社内規程変更、実証実験、システム開発(要件定義・テスト・プロジェクト管理など)、情報セキュリティ高度化、業務フロー・内部統制構築/高度化、内部監査評価/高度化、ベンチャーとの協業プロジェクト、事業・組織再編、税務、法務、海外展開に伴う体制構築などの支援を行う。

フィンテック企業・新規参入企業向けに
また、フィンテック企業、新規参入企業向けには、フィンテック関連情報提供、事業戦略立案、法規制対応、実証実験、システム開発(要件定義・テスト・プロジェクト管理など)、業務フロー・内部統制構築/高度化、社内規程変更、内部監査評価/高度化、株式公開準備、事業・組織再編、税務、法務などの支援、仮想通貨交換業者の財務諸表監査・分別管理検証業務等を行うとのこと。

体制
PwCコンサルティング合同会社 田中 玲氏と、PwCあらた有限責任監査法人 鈴木 智佳子氏が室長に就任。約40名の体制でスタート今後3年間で4倍の増員を計画している。詳しくは以下のリリースをご覧ください。
http://www.pwc.com/jp/ja/japan-press-room/press-release/2016/fintech-and-innovation-room160729.html

フィンテックに関しては、今年4月にデロイトトーマツコンサルティング、アクセンチュア、ウルシステムズが相次いでニュースを発表したため、当ニュースで「コンサルファーム、フィンテック(FinTech)への取り組み」という記事で取り上げた。業界全体の動きを把握するためにはこちらも参照ください。
http://www.consulnews.jp/2016/04/22/fintech/

投稿日: 2016年08月01日 | 投稿者: Consulting Industry News

PwC Japan、「ブレグジット・アドバイザリー・チーム」を設置。英国EU離脱の影響を受ける日本企業の支援


 

6月30日、PwC Japanグループは、英国の欧州連合(EU)からの離脱により影響を受ける日系企業への情報提供、アセスメント、戦略検討、事業・組織再編、会計実務・税務・法務などを支援する専門組織「ブレグジット・アドバイザリー・チーム」を設置したと発表した。

PwC Japanが提供してきたクライシスマネジメントに関するサービス経験とノウハウ、政策や市場・企業動向に関する知見を結集し、英国をはじめ欧州に進出している日系企業の戦略検討から実行までを総合的にサポートするとのこと。

また、PwC英国など世界各国のPwCメンバーファームと緊密に連携し、顧客企業の課題解決をサポートする。PwC 英国は、約150年の歴史を有する英国最大級のプロフェッショナルサービス ファームで、約16,000人のプロフェッショナルスタッフが在籍しているとのことだ。

以下が「ブレグジット・アドバイザリー・チーム」の概要となっている。

【主なサービス】 ブレグジットに伴う日系企業への主な支援業務
 ・ ブレグジットに伴う影響のシナリオ分析
 ・ 欧州戦略の見直し/成長・撤退・売却戦略再検討支援
 ・ 欧州事業の組織再編・統合支援
 ・ 新たな規制変化への対応支援
 ・ 欧州事業計画の策定、施策の実行支援
 ・ ガバナンス態勢見直し、資本再構築支援

【主要メンバー】
PwCアドバイザリー合同会社 パートナー 倉田 治 氏
PwCアドバイザリー合同会社 パートナー Steve Sloman 氏
PwCコンサルティング合同会社 パートナー 森下 幸典 氏(英国駐在経験者)
PwC税理士法人 パートナー 高島 淳 氏(英国駐在経験者)
PwCあらた監査法人 パートナー 和田 安弘 氏(英国駐在経験者)
PwCあらた監査法人 パートナー 齊藤 剛 氏
PwCあらた監査法人 パートナー Simon Gealy 氏
PwC英国 パートナー 濱之上 昌二 氏(英国駐在)
PwC英国 パートナー Nick Woodford 氏(日本企業支援担当)
PwCドイツ パートナー 宗雪 賢二 氏(ドイツ駐在)

詳しくは以下のリリースをご覧ください。
http://www.pwc.com/jp/ja/japan-press-room/press-release/2016/brexit-advisory-team160630.html

投稿日: 2016年07月01日 | 投稿者: Consulting Industry News

PwCコンサルティング、Google イノベーションゾーンを開設


 

PwCコンサルティング合同会社は、6月15日、「Googleイノベーションゾーン」を開設し、Google for Work のサービスを活用した新しい働き方を顧客と共創するサービスを開始すると発表した。

PwCとGoogleはグローバルで2014年10月にジョイントビジネス関係を開始。昨年2015年6月にはPwC JapanグループとGoogleがジョイントビジネスを発表していた。今回の動きはこの一環となる。

今回PwCが発表したGoogleイノベーションゾーンでは、企業の経営層、社員が参加するワークショップを開催し、Googleのクラウド基盤を活用した新しい働き方について議論。さまざまな職階、所属、世代、経歴のメンバーでアイデアソンを行い、変革を実現するための自由な発想をぶつけ合うのが特徴とのこと。アイデアソンで生まれたプランは、IT環境のプロトタイピングを行い、同ゾーン内で効果を体感できるという。

googleイノベーションゾーンpwc
Googleイノベーションゾーンでのワークショップ風景(下記プレスリリースより)

PwCコンサルティングは、効果的な新しい働き方を企業が検討するアイデアソンについて、単なるファシリテーションのみならず、PwC自身のワークスタイル変革の経験をもとにしたコンサルティングを通じ、運営を支援していくということだ。

詳しくは以下のリリースをご覧ください。
http://www.pwc.com/jp/ja/japan-press-room/press-release/2016/google-innovation-zone160615.html

投稿日: 2016年06月16日 | 投稿者: Consulting Industry News

PwC Japan グループ、次期代表に、あらた監査法人、現代表の木村浩一郎氏


 

6月7日、PwC Japan グループは、次期グループ代表に木村 浩一郎氏が就任することを発表した。

木村氏は、現在、PwCあらた監査法人 代表執行役を務めており、2016年7月1日付での就任となる。現任の鈴木 洋之氏は任期満了に伴い、6月30日付で退任する。

木村浩一郎氏は、1963年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、青山監査法人に入所。PwC米国法人のシカゴ事務所出向などを経た後、2006年から、あらた監査法人のシステム・アンド・プロセス・アシュアランス部長、2009年からはアシュアランス担当の執行役。そして、2012年からあらた監査法人の代表を務めていた。

※PwC Japanグループは日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称。PwCあらた監査法人、京都監査法人、PwCサステナビリティ合同会社、PwCビジネスアシュアランス合同会社、PwCコンサルティング合同会社、PwCサイバーサービス合同会社、PwCアドバイザリー合同会社、PwC税理士法人などの法人から形成されている。

詳しくは以下のリリースをご覧ください。
http://www.pwc.com/jp/ja/japan-press-room/press-release/2016/pwc-japan-group-representative-election160602.html

投稿日: 2016年06月07日 | 投稿者: Consulting Industry News

デロイトトーマツ、サイバーインテリジェンスセンターを横浜に開設


 

5月24日、デロイトトーマツグループのデロイト トーマツ リスクサービス株式会社はサイバー インテリジェンス センター(CIC)を横浜に開設すると発表した。

サイバー インテリジェンス センター(CIC)は、クライアントのインフラストラクチャをサイバー攻撃の脅威から守る拠点。サイバーセキュリティーに関する予防、発見、回復の全範囲をカバー。高度なトータルなサイバー インテリジェンス サービスを、24時間365日にわたり日本語で一元的に提供できる体制を実現している。

新たに開設される日本拠点は、デロイトの世界20か国以上のCICと直結。これまで以上に機動的かつタイムリーな情報の収集・分析が可能になるということだ。

デロイトトーマツ サイバー インテリジェンス センター
※以下同社プレスリリースより

プレスリリース:http://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/news-releases/nr20160524.html

コンサル各社において、情報セキュリティに関するサービス強化が続いている
大手企業を中心として、情報セキュリティ対策を経営課題として重視する流れがあり、総合系・BIG4を中心に、コンサルティング各社がサービスの強化に取り組んでいる。

KPMGは昨年8月、電力・ガス・石油等のエネルギー産業や、鉄道・航空サービス等の交通インフラ産業等、重要インフラ産業における産業用制御システムを対象としたサイバー攻撃への対応を支援するアドバイザリーサービスの提供を開始。

参考リンク:http://www.consulnews.jp/2015/08/13/kpmg_security_advisory_service/

PwCは「PwCサイバーサービス合同会社」を設立。防御主体のセキュリティ対策から脱却し、攻撃を受けた後の早期復旧に焦点を当てる“レジリエント*セキュリティ”の実現を掲げている。

参考リンク:http://www.consulnews.jp/2015/11/09/pwc_cyber_service/

またシグマクシスは、昨年1月にシグマクシスがビジネスブレイン太田昭和の連結子会社であったグローバルセキュリティエキスパート株式会社(以下「GSX」)の株式の49%を取得し、情報セキュリティ分野における包括サービスを提供することを目的とする合弁契約を締結した。

参考リンク:http://www.consulnews.jp/2015/01/29/シグマクシス_ビジネスブレイン太田昭和/

シグマクシスは、さらに昨年8月サイバーセキュリティソリューションを提供する米Easy Solutions社と包括的提携契約を結び、同社が手掛ける各種ソリューションの日本における販売を行うと共に、金融機関における顧客預金の不正引き出しを防御する不正行動検知の領域において、共同サービスの提供を開始した。

参考リンク:https://www.sigmaxyz.com/news/2015/0820/

以上のように、各社の取り組みは昨年来、熱を帯びてきており、サイバーセキュリティーに対して、クライアントニーズが相当高まっていることが伺える。

投稿日: 2016年05月25日 | 投稿者: Consulting Industry News

PwCとDMMのロボット分野での協業、ハウステンボスで実証実験へ


 

ハウステンボス株式会社を交えた、PwCコンサルティング合同会社、株式会社DMM.comの3社が「ハウステンボス」内でスマートロボットの実証実験を開始すると発表した。本ニュースサイトでもお伝えしていたとおり、今年1月にはPwCとDMMがロボティクス分野での協業を発表していたが、それに続く動きとみられる。

3社は共同でハウステンボスで7月開設予定の「ロボットの王国」の展示運営にも共同で取り組むということだ。ハウステンボスを「ロボット実証実験の場」と見立て、来場者と市場投入前の新作ロボットが触れ合える機会を創出するという。

ハウステンボスではすでに、メインスタッフがロボットの「変なホテル」をはじめ、園内にロボットを配置し、来場者にわくわく感を提供する試みを始めています。今年7月には、料理長がロボットの「変なレストラン」や体験型ミュージアム&ショップ「ロボットの館」などで構成する複合施設「ロボットの王国」がオープン。PwCおよびDMM.comは、広くロボットメーカーに出展を呼びかけ、来場者のニーズに合ったロボットを選定し、現場への導入、ユーザー動向の把握、分析・評価を行う。
 
 

協業のイメージ(プレスリリースより)
 
 

展示から市場提供までの流れ(プレスリリースより)
 
ハウステンボスのロボット分野での取り組みと、PwC、DMMの協業の思惑が一致した形だ。3社の動きが、他の会社を巻き込み、ロボット分野での大きな動きとなっていくか?今後注目していきたいところだ。
http://www.pwc.com/jp/ja/japan-press-room/press-release/2016/smart-robot160331.html

投稿日: 2016年04月01日 | 投稿者: Consulting Industry News

PwC、機械学習による業務改革支援を開始。パイロットプロジェクトを実施へ


 

2月25日、プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、マシンラーニング(機械学習)による企業の業務改革、イノベーションを支援するコンサルティングサービスの提供を開始すると発表した。

マシンラーニングのシステムデザイン(戦略策定や既存システムの最適化、ビッグデータを使ったシミュレーションなど)から、業務改革の実行、定着化までを一貫して支援。

グローバルネットワークで積み重ねた実績を生かし、金融、製造といった業界を中心に、ビジネスモデルに応じたマシンラーニングを活用したコンサルティングサービスを提供する。

本サービスの提供にあたり、国内企業との協業によるパイロットプロジェクトを実施。現在、企業選定の最終段階にあり、まもなくプロジェクトを開始するということ。

以下のような領域で、企業のコスト削減や品質向上のサポートに取り組んでいくとのことだ。

金融業界
・不正検知・AML(Anti-Money Laundering):Deep LearningやGraph Analysisを活用することにより検知精度を高め、作業工数を削減

・信用リスク管理・マーケティング戦略開発:毎日入ってくる大量のトランザクションデータを高速に、かつ効率よく抽出、変換し、リアルタイムでの与信判断やEDM(Event Driven Marketing)を可能に

製造業
・工場内の機器に設置されたセンサーやビーコンから入ってくるストリームデータを解析し、品質向上に貢献

・自動車エンジンの製造過程にある作業をコンポーネント化し、モデル化することにより、マルコフ連鎖モデルに当てはめ故障率、交換タイミングなどを予測可能に

・自動車に装着しているセンサーから入ってくるデータを解析し、事故予兆や部品故障予兆の把握を可能に

その他
・航空会社でメンテナンス箇所を予測し計画外整備を排除することにより、作業プロセスが効率化

・中核病院でカルテ情報を精査しモデル化することにより、症状の再発確率を算出し、確率に応じて入院期間を調整することで再入院件数を削減

・オンライン行動分析において購買行動モデル化のための変数の標準化を可能にし、説明変数やKPI生成を迅速かつ容易に

詳しくは以下のリリースをご覧ください。
http://www.pwc.com/jp/ja/japan-press-room/press-release/2016/machine-learning160225.html

投稿日: 2016年02月26日 | 投稿者: Consulting Industry News

3月18日(土)11:00~当社主催

3月18日(土)13:30~当社主催



ClipLineインタビュー


Vision Forestインタビュー


東京Vとの資本業務提携インタビュー


フリーコンサルタントに案件紹介
コンサルサーチ


コンサルファーム卒業後の起業を支援
Think CAREER


ポストコンサルキャリアで経営者を目指す方を支援
Think CAREER
お問合せ プロフェッショナルを探す企業の方はこちら コンサル登録 スキル・ご要望にマッチした案件情報を随時ご紹介いたします 独立のご相談 独立や起業を検討されている「検討中」の皆様も、是非、弊社にコンタクトください

1.ファーム別

2.テーマ別

3.業界別

4.調査研究/コラム/オピニオン

5.その他のニュース

未分類