コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

コンサル業界ニュース

カテゴリー: 出版・書籍・ニュースレター

ローランドベルガー長島聡氏が著書「AI現場力 『和ノベーション』で圧倒的に強くなる」を上梓


 

 ローランドベルガー日本代表の長島聡氏が26日、著書「AI現場力 『和ノベーション』で圧倒的に強くなる」(日本経済新聞出版社)を発表した。日本の製造業の現場をよく知る長島氏が、同社の日本が独自に打ち出している、日本型のイノベーション量産手法である「和ノベーション」の考え方を紹介。それとともに、日本企業が生産性を高めていくためのAIの活用についても解説していく。

 「AIに職を奪われる」など世の中にもまだまだ誤解が多い、AIの特徴と限界について細かく分析。その上でいかに日本企業がうまくAIを活用していく方策についての解説を6章構成で展開していく。

1章 AIという幻想から目覚めよ!
2章 AIで人間の能力を伸ばす
3章 対話革新――AI×ビッグデータを駆使したコミュニケーション
4章 新・顧客価値創造――和ノベーションが拓く可能性
5章 カッティング・エッジ――圧倒的な強みをもつモジュールへ
6章 AIで現場力を高める組織体へ
 
 また、「和ノベーション」とは、日本の製造現場に精通するローランドベルガーの日本法人が掲げた独自のイノベーションコンセプト。この言葉には、日本の「和」に加え、対話の「話」、仲間の「輪」の意味も含まれる。

 日本の製造現場で和ノベーションに照らしてAIを活用すると次のような強みを生せるという可能性についても述べられている。

・AI×ビッグデータで「話」=顧客と企業や企業内の対話を革新する
・「先読み」「引き寄せ」「構え」で、顧客を機転とした「輪」=バリューチェーンを作り出す
・AIを活用した新たなバリューチェーンの中で、圧倒的な強みを発揮する
・AIを使った「加速学習」で人と組織の能力を最大限に高める

 本書で紹介されているケースはマツダ、VW、ミスミ、デンソーといった大手企業から、プリファードネットワークス、由紀精密、IBUKI、リンカーズ、アスタミューゼといった中堅・新興企業など多数。

 長島聡氏 早稲田大学理工学研究科博士課程修了後、早稲田大学理工学部助手、各務記念材料技術研究所助手を経て、1996年、ローランドベルガーに参画。工学博士。日本の代表取締役社長を務めながら、エクサインテリジェンスの顧問、カイゼン・マイスターの顧問、リンカーズのアドバイザー、アスタミューゼのアドバイザー、カブクのアドバイザリーなどを務めている。

◆ローランドベルガーの発表

投稿日: 2017年07月28日 | 投稿者: Consulting Industry News

元マッキンゼー日本支社長の平野正雄氏が初著書「経営の針路」上梓


 

 マッキンゼー&カンパニー元日本支社長の平野正雄氏(早稲田大学ビジネススクール教授)が、初の著書「経営の針路」(ダイヤモンド社)を上梓した。20年の同社在籍の経験を基に、グローバル、キャピタル、デジタルの3つの視点から、世界経済の中で日本企業の地位が低下していった要因を分析、今後の日本企業が取るべき道を示している。

 平野氏はマッキンゼーに1987年から20年在籍し、1998年から2006年まで日本支社長を務めた。2007年にはPE(プライベート・エクイティ)大手カーライルジャパンの共同代表を歴任し、2012年から現職の早稲田大学ビジネススクール教授に就任している。

 マッキンゼーへの入社時期が1987年という日本経済の黄金時代。続くバブル崩壊後は日本企業も時代の波に飲み込まれることになった。上梓に合わせたハーバード・ビジネス・レビューの電子版のインタビューでは「成長神話が終わり、それに代わる明確な経営の基軸は確立されていませんでした」などと当時を振り返っている。

 そうした時代の変化をコンサルティングの現場で経験してきた平野氏だからこそできる、振り返り、将来の提言などを著書で語っている。

投稿日: 2017年07月11日 | 投稿者: Consulting Industry News

BCG、新コンセプト「戦略パレット」書籍発刊。スマホ向けゲームアプリの提供も開始


 

2月17日、ボストン コンサルティング グループ(BCG)はスマートフォン・タブレット向けゲームアプリ『戦略にこそ「戦略」が必要だ』の提供を開始したことを発表した。

本アプリは、主に経営幹部、経営戦略に携わる方々、経営を学ぶ学生向けに、様々な事業環境を疑似体験しつつ「それぞれの環境に適した戦略アプローチを選び実行するにはどうしたらよいか」を学べるようつくられたビジネスゲームアプリとなっている。

内容は、シンプルなレモネード売りのビジネスにおいて、プレーヤーはニューヨーク市の 5 つの区でそれぞれ異なる環境に自らの戦略アプローチを適応させ利益を競う内容。以下同社プレスリリースからの参考画像だ。

戦略パレットBCGアプリ

「戦略パレット」と名付けたコンセプトを紹介した書籍の発刊にあわせて

「BCGがゲームアプリをリリース」というのも突然のように聞こえるが、これは同社の書籍『戦略にこそ「戦略」が必要だ』(日本経済新聞出版社)の刊行にあわせたもの。この書籍でBCGは「戦略パレット」(Strategy Palette)というコンセプトを紹介。

この新たなコンセプト「戦略パレット」は、

(1)市場の予測可能性
(2)市場の自社による改変可能性
(3)市場の苛酷さ

の 3 つの軸により分類される、下記5つの型を紹介。

1.クラシカル「伝統型」
2.アダプティブ「適応型」
3.シェーピング「形成型」
4.ビジョナリー「先見型」
5.リニューアル「再生型」

自社の事業環境に最適な戦略アプローチを選び、効果的に実行するための実践的な指針を提示。クラシカル、アダプティブ、ビジョナリー、シェーピング、リニューアル、それぞれのアプローチについて、どんな状況に適しているか、どんな時にどのように実行するか、どうしたら落とし穴を避けられるかを説明している。

上述のアプリはこの「戦略パレット」の考え方に基づき、今日の多様でダイナミックな事業環境で生き残り、成功するために必要な様々な戦略アプローチを、単純化した形で表している。

当編集部でもプレーしてみたが、書籍の理解が深まるという位置づけになっているように感じた。

BCGはこの戦略パレットの考え方について、理解を深めるための動画も公開しており、こちらも必見だ。

また、書籍内容の一部がハーバードビジネスレビューでも紹介されており、理解を深めやすい。以下参照されたし。
http://www.dhbr.net/articles/-/3862
上記の動画、記事、アプリ等を使って、BCGの新たなコンセプトに対する理解を深めておきたいところだ。

なお、アプリのダウンロードはこちらから。

– App Store
https://itunes.apple.com/jp/app/your-strategy-needs-strategy/id951248714?mt=8

– Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.bcg.strategystyles.game&hl=ja

本件に関するBCGのリリースはこちらをご覧ください。
http://www.bcg.co.jp/documents/file205249.pdf

投稿日: 2016年02月18日 | 投稿者: Consulting Industry News

A.T.カーニー日本代表 岸田雅裕氏、「コンサルティングの極意」を出版


 

ATカーニー日本代表の岸田雅裕氏が3月5日に書籍「コンサルティングの極意―論理や分析を超える「10の力」を東洋経済新報社より出版した。

顧客から、上司から、部下から「相談される」プロになるための教科書
「顧客から、上司から、部下から「相談される」プロになるための教科書」であり、戦略コンサルティングファームのトップが、プロフェッショナルが身につけるべき「10の力」について伝授している。10の力とは、聞く力、先見力、献身力、突破力、巻き込み力、共創力、好奇心、歴史観、忘れる力、恋愛力の10ことなっている。

コンサルティングの歴史を振り返り、未来を考えるコラムも興味深い
また、各章の末尾にはコラムとして「コンサルティングの歴史を振り返り、未来を考える」が書かれており、こちらも興味深い。ロジカルシンキングだけではクライアントも驚かなくなってきており、ロジカルの対極にあるクリエイティブなどの要素を取り紺で行く必要がある、などのイノベーションの方向性が書かれている。

コンサルタントとしても学びが多い本
当編集部でもこの本を読ませていただいたが、岸田氏の考えていること、失敗談も含めた岸田氏のエピソードなど、本音だなと思われることがたくさんが書かれており面白かった。コンサルタントとしてもなかなか学びの多い本であると思う。気になる章と、各章最後のコラムだけでも読んでみることをお勧めしたい。右上のアマゾンのサイトから購入ください。

投稿日: 2015年03月19日 | 投稿者: Consulting Industry News

マッキンゼー出身の並木祐太氏「コンサル100年史」を発刊


 


マッキンゼー出身で、独立系コンサルティング会社である株式会社フィールドマネージメント社を経営する並木祐太氏が、1月29日に著書「コンサル一〇〇年史」をディスカヴァー・レボリューションズ社から出版している。アマゾンの紹介によると内容は以下の通り。

“時に名だたる企業の社運をかけた一大事業を動かし、
また時に一国の政府の政策決定にまで関与するなど、
社会に対して決定的な影響力を有する頭脳集団として
近年ますます注目を浴びる「コンサル」(経営コンサルティング・ファーム)。
その卓越したビジネスノウハウが各所で語られるなか、
実態そのものについては謎に包まれたままでした。

本書は、そうした「コンサル」の正体を明らかにするべく、
20世紀初頭に活躍したフレデリック・テイラーに始まる100年の歴史を紐解くとともに、
実際のプロジェクトをコンサルティング・ファームがどのように手がけたか、
またコンサルタントたちは現場でどのように働いているのかなどを詳らかにするものです。

さらに、マッキンゼーで数々の経営変革案件に携わったのち、
自ら経営コンサルティング・ファームを立ち上げた著者が、
日本におけるコンサルティング業界の問題点を指摘し、
これからのコンサルティングのあるべき姿について提言します。”

昨年、一昨年にボストンコンサルティンググループ出身の三谷宏治氏が「ビジネスモデル全史」、「経営戦略全史」を出版したが、全体感をつかむためにも、あわせて読んでみたいものだ。詳しくは右のリンクからご覧ください。

投稿日: 2015年02月10日 | 投稿者: Consulting Industry News

野村総研、2020年度までのIT主要市場の規模とトレンド展望を発表。


 

12月4日、野村総合研究所(代表取締役社長:嶋本正、以下「NRI」)は国内を中心とするICT(情報通信技術)関連の主要5市場について、2020年度までの動向分析と規模の予測を行い発表した。

主要5市場は「デバイス市場」、「ネットワーク市場」、「プラットフォーム市場」、「コンテンツ配信市場」、「ソリューション市場」の5つ。
1.デバイス市場では、次世代テレビ、ウェアラブル端末、3Dプリンターが大きな成長市場
2.ネットワーク市場は、政府の政策等により、市場構造が急激に変化しつつある。設備競争だけでなくサービスの競争が加熱し、異業種との市場共創が必須になる。
3.プラットフォーム市場は、携帯端末のスマートフォンへの移行に伴い、B2C EC(消費者向け電子商取引)市場、携帯向けインターネット広告市場はさらに拡大
4.コンテンツ配信市場は、スマートフォンへの一極集中が進み、スマートフォン以外のコンテンツ配信市場は成熟期から衰退期に向かう。
5.ソリューション市場では、データセンターと法人ネットワーク市場は規模的に大きいものの、大きな成長は見込めない。一方で、情報セキュリティ関連市場は堅調に伸び、またM2M市場が急激に成長することにより、全体としては高い成長性を示すようになる。

などと予測している。今回の市場分析や予測の詳細は、単行本「ITナビゲーター2015年版」として、東洋経済新報社より、12月4日に発売されるという。

詳しくは以下のリリースおよび、右のアマゾンのリンクをご覧ください。
https://www.nri.com/jp/news/2014/141204.aspx

投稿日: 2014年12月05日 | 投稿者: Consulting Industry News

デロイトトーマツ監修のシンク!別冊「グローバル経営戦略 2015」、今年も発刊。


 

11月21日、東洋経済新報社から「Think!別冊6グローバル経営戦略2015」が発売された。

デロイト トーマツ コンサルティングが監修の下、昨年、一昨年と、この時期に2013年、2014年版が発刊されたが、今年もそれ続いての2015版の発刊。グローバル経営の最前線に立つ経営者やコンサルタントが、今後のメガトレンドを見据え、日本企業が取るべき戦略を語っている。

本書では、経済評論家の伊藤洋一氏とデロイトトーマツコンサルティング近藤聡代表取締役との対談、歴史学者の北川 智子氏とデロイトトーマツ日置圭介氏との対談に始まり、日置 圭介氏、邉見 伸弘氏、羽生田 慶介氏、國分 俊史氏、田瀬 和夫氏などDTCのパートナーやディレクターなどの寄稿。

その後には、三菱ケミカルホールディングス小林善光氏へのDTC副社長宋 修永氏からのインタビュー、星野リゾート星野社長へのDTC萩倉 亘氏からのインタビュー、ピジョン株式会社山下社長へのDTCキャメル・ヤマモト氏からのインタビューが続いている。

また松尾 淳氏、佐瀬 真人氏、田中 義崇氏、石黒 泰時氏などのコラムを掲載。読み応えのある内容となっている。

投稿日: 2014年11月25日 | 投稿者: Consulting Industry News



フライヤー大賀康史氏インタビュー


リンカーズ前田佳宏氏インタビュー


CrowdRealty山田恭平氏インタビュー


プロレド・パートナーズインタビュー


ClipLineインタビュー


Vision Forestインタビュー


東京Vとの資本業務提携インタビュー


フリーコンサルタントに案件紹介
コンサルサーチ


コンサルファーム卒業後の起業を支援
Think CAREER


ポストコンサルキャリアで経営者を目指す方を支援
Think CAREER
お問合せ プロフェッショナルを探す企業の方はこちら コンサル登録 スキル・ご要望にマッチした案件情報を随時ご紹介いたします 独立のご相談 独立や起業を検討されている「検討中」の皆様も、是非、弊社にコンタクトください

1.ファーム別

2.テーマ別

3.業界別

5.その他のニュース

未分類