コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

コンサル業界ニュース

カテゴリー: ファームの人事/組織/採用の動向

次期駐日米大使に東京のBCG勤務経験を持つウィリアム・ハガティ氏


 

1月4日にNHKなどのメディアが報じたところによると、トランプ次期大統領は次期駐日アメリカ大使に、東京のボストンコンサルティンググループに3年間勤務した経験を持つウィリアム・ハガティ氏の起用を固めたということだ。

ウィリアム・ハガティ氏は1960年生まれ。ボストン・コンサルティング・グループ、トライデント・キャピタルなど米コンサルティング会社勤務を経て投資会社のハガーティー・ピーターソン社を設立した経歴を持つ。

現在のキャロライン・ケネディ氏の後任で駐日アメリカ大使となる模様。

トランプ氏の設置する戦略政策フォーラムにはBCGのCEO、リッチ・レッサー氏が名を連ねる
なお、昨年12月発表されたトランプ次期大統領が設置する戦略政策フォーラム(Strategic and Policy Forum)にBoston Consulting GroupのCEOのリッチ・レッサー氏が選ばれていた。

このフォーラムにはGMのトップ、メアリー・バラ氏、 JP Morgan ChaseのCEO、会長のジェイミー・ダイモン氏、資産運用会社BlackRockのCEO、会長ラリー・フィンク氏、Walt Disney Companのボブ・アイガー氏、IBMの会長、ジニ・ロメッティ氏などアメリカ経済界の錚々たるメンバー16名が含まれている。

投稿日: 2017年01月09日 | 投稿者: Consulting Industry News

ベイカレントコンサルティング、業績下方修正による代表取締役の辞任を発表


 

12月9日ベイカレントコンサルティングは、代表取締役社長の萩平和巳氏が、業績悪化の責任を取り、代表取締役社長及び取締役の職を辞任したい旨の申し出があり2016年12月9日付で辞任したことを発表した。

新たな代表取締役社長には、野村総合研究所出身の阿部 義之氏が就任することとなっている。阿部 義之氏は2008年にベイカレントコンサルティングに入社し、取締役として勤めていた。

「高付加価値案件」の獲得を計画するが、計画通り受注できず
ベイカレントコンサルティングは10月より高付加価値案件を担当できるコンサルタント数を確保するため、継続的に安定的な収益を見込んでいた受注を急激に制限し、新規の高付加価値案件獲得を目指していた。しかし、見合った高付加価値案件の受注を急激に獲得することができなかったため、売上収益は減少する見込みとなったという。

それにともない在籍コンサルタント数に見合った受注を獲得することができなかったため、待機コンサルタント数が増加。稼働率等の著しい悪化にともなう粗利率の減少が見込まれ業績予想の下方修正に至った。2017年2月期の売上が当初予測より16.2億円減の166億円、当期利益は10.8億円減の14.2億円となることを発表している。

株価が40%近く下落
ベイカレントコンサルティングは今年9月に東証マザーズに上場していたが、この発表を受け、12月10日、11日の株式市場で、9日の終値1455円から一気に855円まで40%ほど下落した。上場後3カ月での大幅な業績下方修正に投資家が嫌気したもと思われる。

詳しくは以下のリリースをご覧ください。

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1425217
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1425216

投稿日: 2016年12月11日 | 投稿者: Consulting Industry News

ベネッセHD代表取締役にマッキンゼー出身の安達保氏が就任


 

株式会社ベネッセホールディングスは9月9日の取締役会で、マッキンゼー出身でカーライル日本代表も務めたことのある安達保氏が、新しく代表取締役社長に就任すると決議した。10月1日からの就任となる。

同社は原田泳幸氏が6月25日に社長を退任。現在の社長には当時副社長だった福原賢一副氏が就いてるが、在任期間3カ月での交代とる。

安達保
安達保氏(同社ウェブサイトより引用)

安達氏は1977年東京大学工学部卒業後に三菱商事に入社。1988年にマッキンゼー入社。パートナーまで約10年つとめたあと、GEキャピタル・ジャパンの事業開発本部長、カーライル・ジャパン・エルエルシー日本代表を務めた経歴を持つ。

2003年から5年間また、2009年から6年間ベネッセの取締役を務めていた期間もあり、さらに今年の6月からは三度目の取締役に就任していた。

詳しくは以下のリースをご覧ください。
http://blog.benesse.ne.jp/bh/ja/news/m/2016/09/09/docs/20160909release.pdf

投稿日: 2016年09月09日 | 投稿者: Consulting Industry News

PwC Japan グループ、次期代表に、あらた監査法人、現代表の木村浩一郎氏


 

6月7日、PwC Japan グループは、次期グループ代表に木村 浩一郎氏が就任することを発表した。

木村氏は、現在、PwCあらた監査法人 代表執行役を務めており、2016年7月1日付での就任となる。現任の鈴木 洋之氏は任期満了に伴い、6月30日付で退任する。

木村浩一郎氏は、1963年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、青山監査法人に入所。PwC米国法人のシカゴ事務所出向などを経た後、2006年から、あらた監査法人のシステム・アンド・プロセス・アシュアランス部長、2009年からはアシュアランス担当の執行役。そして、2012年からあらた監査法人の代表を務めていた。

※PwC Japanグループは日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称。PwCあらた監査法人、京都監査法人、PwCサステナビリティ合同会社、PwCビジネスアシュアランス合同会社、PwCコンサルティング合同会社、PwCサイバーサービス合同会社、PwCアドバイザリー合同会社、PwC税理士法人などの法人から形成されている。

詳しくは以下のリリースをご覧ください。
http://www.pwc.com/jp/ja/japan-press-room/press-release/2016/pwc-japan-group-representative-election160602.html

投稿日: 2016年06月07日 | 投稿者: Consulting Industry News

スターバックスCEOにコンサル出身の水口貴文氏が就任


 

5月11日、スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社は、現在の代表取締役最高経営責任者(CEO)である関根 純氏が2016年6月をもって退任。

後任として、プライスウォーターハウスコンサルティング出身で、現在は最高執行責任者(COO)である水口 貴文(みなぐち たかふみ)氏が代表取締役最高経営責任者(CEO)に就任することを発表した。6月に開催予定の株主総会および取締役会にて正式に決定される。

水口貴文氏は1989年に上智大学を卒業後、プライスウォーターハウスコンサルティングに入社。同社でのコンサルタントとしての経験を経て、2001年にLVJグループ株式会社(現ルイ・ヴィトン ジャパン株式会社)に入社後し、グループ会社の副社長、CEOを歴任した後、同社取締役を務め、2014年にスターバックス コーヒー ジャパン 株式会社の最高執行責任者(COO)に就任。2014年9月からはスターバックスのCOOをつとめていた。

ブランドビジネスに造詣が深く、グローバルビジネスに対する経験も豊富で、スターバックスブランドの価値観を共有できる人物であるとの判断から今回のポジションへの就任となった。

※なお、当時のプライスウォーターハウスコンサルティングは、2002年IBMにより買収。IBMビジネスコンサルティングサービスへの名称変更を経て、現在はIBMに吸収されており、現在存在するPwCコンサルティングとは別の流れをくむ。

ph10
水口 貴文(みなぐち たかふみ)氏(プレスリリースより)

水口 貴文氏のプロフィール

生年月日 1967年1月10日
出身地 東京都
学歴 上智大学法学部卒業、イタリア ボッコーニ大学経営学修士課程修了(MBA)
出身地 東京都

略歴
1989年 プライス ウォーターハウス コンサルティング株式会社入社
2001年 LVJグループ株式会社 ルイ・ヴィトン ジャパンカンパニー株式会社 入社
2008年 同社 マーチャンダイジング担当副社長
2010年 LVJグループ株式会社 ロエベ ジャパンカンパニー ロエベ ジャパン カンパニー プレジデント & CEO、LVJグループ株式会社取締役、ロエベ韓国株式会社 代表取締役 プレジデント & CEO
2014年9月 スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 入社 最高執行責任者(COO)就任

詳しくは以下のプレスリリースをご覧ください。
http://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2016-1564.php

投稿日: 2016年05月13日 | 投稿者: Consulting Industry News

BCGデジタルベンチャーズ、東京でも始動


 

BCGの子会社、BCGデジタルベンチャーズ(本社はカリフォルニア州ロサンゼルス)は、4月1日に東京に拠点を創設したと発表。

ロサンゼルス、ベルリン、シドニー、ニューヨークに次ぐ拠点として東京に新センターが設立されるということだ。東京センターの立ち上げを担当するのは平井陽一朗氏。

ph10
BCGデジタルベンチャーズのロゴ(同社プレスリリースより引用)

BCGデジタルベンチャーズ、現在はグローバルで350人
BCGデジタルベンチャーズは、BCGが買収したデジタル関連企業を母体とした、BCGの100%子会社。

企業と協働し、デジタルを核とした事業アイデアやプラットフォーム、革新的製品を迅速に開発・展開すると共に、投資も行い、長期的に育成することをミッションとして、約2年前の2014年1月に発足した。現在では350人の従業員を擁する組織に成長しているという。

BCGとは別組織
日本ではまだ馴染みの薄い、このBCGデジタルベンチャーズが、BCGと別会社で設立・運営されていることは大変興味深い。

この点について、昨年8月の日経BPの取材で、BCGのグローバルの社長兼CEOである、リッチ・レッサー氏が、その理由を以下のように述べている。

「デジタル・ベンチャーが得意な領域は、ウェブデザインや人間行動学、3Dプリンティングなどで、BCGのコンサルタントが持つ能力と全く違います。2つ目の理由はより重要です。クライアントがデジタル領域でBCGと協働する際、クライアントのニーズはコンサルティングだけにとどまりません。クライアントは新しい「何か」を創り出すパートナーを求めています。新製品、新サービス、新ビジネスです。つまり、クライアントとの関係がBCGとデジタル・ベンチャーとでは違います。ベンチャーキャピタルやハイテクのコミュニティーが活躍する領域において、共にビジネスを立ち上げようとする意識が求められます。コンサルティングだけでなく、ビジネスパートナーとして、クライアントと働くことが必要なのです。そのためには、デジタル・ベンチャーはBCGとは別組織にした方が、そうした意識を保ちやすい。これが別組織にしている理由です。」(以上、下記リンク、日経BPインタビューより)

日本に上陸したBCGデジタルベンチャーズの動きに今後注目していきたい。

詳しくは以下の3つのリンクをご覧ください。

BCGデジタルベンチャーズ ウェブサイト(英語):https://www.bcgdv.com/
BCGプレスリリース:http://www.bcg.co.jp/documents/file206882.pdf
日経PGの関連取材記事:http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/080400030/?rt=nocnt

投稿日: 2016年04月04日 | 投稿者: Consulting Industry News

リヴァンプの社長に、アクセンチュア出身で創業メンバーの湯浅智之氏が就任


 

株式会社リヴァンプは、4月1日付で湯浅智之氏が代表取締役社長兼CEOに就任すると発表した。澤田氏は5月1日付でリヴァンプの非常勤取締役会長となる。

今回の交代は、現代表の澤田貴司氏が2016年5月26日付でファミリーマートの取締役専務執行役員に就任することに伴うもの。

澤田氏は2016年9月1日付で、ファミリーマートとユニーグループ・ホールディングス株式会社との経営統合に伴い、ファミリーマートのコンビニエンスストア事業を承継する株式会社サークルKサンクス(同日付で「株式会社ファミリーマート」に商号変更予定)の代表取締役社長に就任する予定となっている。

ph10
代表取締役社長兼CEOに就任する湯浅智之氏(同社WEBサイトより引用)

新代表取締役社長兼CEOの湯浅智之は、東京大学工学部建築学科卒業後、アクセンチュア株式会社に入社。戦略グループにおいて主に製造流通業を中心に、経営抜本的改革、マーケティングプロセス、全社コスト削減、M&A、新規事業などを経験してきたという。

湯浅氏は2005年リヴァンプの立ち上げに参画、“企業を芯から元気にする”という企業理念に基づき、外食産業を中心とする多くの企業やブランドのスタートアップや再生・成長支援などに貢献。2010 年からはリヴァンプの取締役副社長兼COO として、経営支援と事業経営の両輪 からなるビジネスモデルを構築してきた。

経営支援では、リヴァンプのマーケティング分野の子会社「アクトタンク株式会社」とIT 分野の子会社「リヴァンプ・ビジネスソリューションズ株式会社」の両社を設立、各分野のプロフェッショナル集団を率いて現場からの経営改革を実行、事業経営では10 社を超える企業の立上げや事業承継をサポートし、現リヴァンプの事業モデルの土台を作って来た。

【湯浅智之氏 略歴】
1976年10月10日 東京都生まれ。
2000年3月 東京大学工学部建築学科卒業。
2000年5月 アンダーセンコンサルティング株式会社(現アクセンチュア株式会社)入社
2005年9月 同社退社。
2005年10月 株式会社リヴァンプ入社。
2006年4月 株式会社ロッテリアへ出向、商品本部執行役員として同社の業績改善を牽引。
2010年3月 同役職退任。
2010年4月 株式会社リヴァンプ取締役パートナー就任。
      アクトタンク株式会社代表取締役就任。
      株式会社リヴァンプ・ビジネスソリューションズ取締役就任。
2013年1月 株式会社リヴァンプ・ビジネスソリューションズ代表取締役就任。
2013年6月 株式会社リヴァンプ・アウトソーシング代表取締役就任。
2014年10月 クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社取締役就任。
2015年1月 株式会社ヒーロー代表取締役就任。
2016年4月 株式会社リヴァンプ代表取締役社長兼CEO就任。
      株式会社リヴァンプ・ベンチャーズ代表取締役就任。
      株式会社シー・アイ・エー代表取締役就任。
      株式会社エッグセレント代表取締役CEO 就任。
      株式会社ジェイ・プレップ・キッズ代表取締役就任。

詳しくは以下のリリースをご覧ください。
http://www.revamp.co.jp/news/2016/20160329.php

投稿日: 2016年03月30日 | 投稿者: Consulting Industry News





ClipLineインタビュー


Vision Forestインタビュー


東京Vとの資本業務提携インタビュー


フリーコンサルタントに案件紹介
コンサルサーチ


コンサルファーム卒業後の起業を支援
Think CAREER


ポストコンサルキャリアで経営者を目指す方を支援
Think CAREER
お問合せ プロフェッショナルを探す企業の方はこちら コンサル登録 スキル・ご要望にマッチした案件情報を随時ご紹介いたします 独立のご相談 独立や起業を検討されている「検討中」の皆様も、是非、弊社にコンタクトください

1.ファーム別

2.テーマ別

3.業界別

4.調査研究/コラム/オピニオン

5.その他のニュース

未分類