コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

コンサル業界ニュース

カテゴリー: グローバル

PwC Japan「日系企業のグローバル化」に関する報告書を発表。


 

1月31日、PwC Japanは「日系企業のグローバル化」に関する共同研究を発表した。海外展開を果たす大手日系企業21社の経営陣へのインタビューをもとに、グローバル化推進における課題と成功要因を分析している。慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 清水勝彦教授と共同研究。

グローバル展開を果たす世界の大手企業(日系企業含む)の海外事業における収益性・成長性の比較データをもとに、「日系企業のグローバル化は本当にうまく行っていると言えるのか?」との問題意識に立ち、グローバル化をどのように認識し、推進してきたのか、またその過程における課題と成功要因は何かを明らかにすることを目指したということだ。レポートの内容として、

● 各社は「自社の持続的成長のためには、さらなるグローバル化が必要である」という認識で一致する一方、企業活動別にみると、グローバル化進展の段階にはばらつきが見られたとのこと。

● 総じて、日系企業はサプライチェーンのグローバル化は進んでいるものの、マーケティングやマネジメント、とりわけ、ブランド構築や人材育成、コントロール(統制・管理)の点では、海外進出で一定の業績をおさめている大手企業においても、今なお最善の方法を模索している状況にあることが判明

● 海外市場で順調に業績を上げているグローバル企業は、「海外市場で自社のアイデンティティ・企業文化を守るべきか、変えるべきか」の判断に長け、その判断に応じた企業戦略、中でもブランド・人材・コントロール戦略を策定・実行していることが明らか

● 日本企業が今後グローバル化を進める上で、まず乗り越えるべき点は、日本本社の意識改革であるとの認識に至った

としている。その後の考察ポイントなどもプレスリリースでは挙げられており、大手企業のグローバル化における現状と問題点が考察されている面白いレポートになっている。詳しくは以下のリンクからご覧ください。

http://www.pwc.com/jp/ja/japan-news/2014/kbs-keio-globalization140131.jhtml

投稿日: 2014年02月05日 | 投稿者: Consulting Industry News

デロイトトーマツ監修で東洋経済から「グローバル経営戦略2014」発刊。


 

gook_global_staretegyデロイト トーマツ コンサルティング株式会社は、週刊東洋経済11月23日号のBook in Book Think!特別版『グローバル経営戦略2014』を監修し、2013年11月18日に発行した。

『グローバル経営戦略2014』では、今現在経営の指揮を執る企業経営陣、次代を担う若きリーダーに向けて、特に日本企業に必要と思われる経営課題にフォーカスを当てて提言を行っている。

デロイトトーマツコンサルティングからは、ディレクターの國分俊史氏、キャメル・ヤマモト氏、パートナーの日置圭介氏、岩渕匡敦氏が寄稿している。

なお、昨年には同じく東洋経済新報社よりThink!別冊を発刊しており、本年は2回目の発行となる。

※上図は2014年版の表紙、右図は2013年版の表紙(アマゾン購入へのリンク)となっています。

また、東洋経済ONLINEでは、同特集の特設ページが設けられており、各コラムを見ることができる。詳しくは以下リンクをご覧ください。

 

http://toyokeizai.net/sp/131118dtc/

http://toyokeizai.net/list/special?id=dtc_index


 

投稿日: 2013年11月20日 | 投稿者: Consulting Industry News

アリックスパートナーズが中国自動車関連市場に対しての調査結果を発表。アフターマーケット市場のCAGR30%での成長を予測。MONOistにて。


 

8月27日、アリックスパートナーズは、中国自動車関連市場に対する自動車メーカー、部品メーカーの動向について調査結果を発表した。アイティメディア株式会社の媒体、MONOistが伝えている。この調査は、同社が収集した一次、二次情報の他、中国内外の自動車メーカーや部品メーカーへのインタビューを通じて毎年まとめているということ。レポートでは、

  • 中国の2015年までの乗用車販売台数は、2007年を100%としたとき、2012年は2007年比233%となるなど2倍以上に成長。2013年は257%、2015年は310%で2015年まで順調な拡大が続く見通し
  • しかし成長率については徐々に鈍化
  • 一方、部品サプライヤー(部品メーカー)にとっても中国市場は引き続き期待市場であり続けると予測。1つの理由は、アフターマーケットにおける部品の交換ニーズが増えるため。アフターマーケット市場は2013~2018年までの年平均成長率(CAGR)30%で急成長する見込み。
  • 日本企業の存在感は低下が目立つ状況。日本メーカーの中でも明暗は分かれている。

などなど詳しく分析がなされて、スライドと共に公表されている。さらに詳しい状況、数字など、続きは以下サイトでご確認ください。

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1308/27/news102.html

アリックスパートナーズは、クライアントの現場に常駐しながら、改善等のアドバイスにとどまらず、その実行も行うサービスを提供するコンサルティング会社である。


 

投稿日: 2013年09月02日 | 投稿者: Consulting Industry News

マーサー、ミャンマーの人事・雇用に関するレポートを発表。


 

8月20日、組織・人事マネジメントコンサルティング大手のマーサーは「ミャンマー現地で雇用する役職員の報酬に関するレポート」と「ミャンマーにおける人事ガイド」の2つのレポートを発表した。

前者の「ミャンマー現地で雇用する役職員の報酬に関するレポート」は、ミャンマーでビジネス立ち上げ予定の企業はもとより、既に進出している企業に向けたミャンマーの報酬データである。

また後者の「ミャンマーにおける人事ガイド」は、ミャンマーにおいてビジネスを立ち上げる際に人事関連として必要な判断材料を提供するとのこと。

これらのレポートを活用することで、多くの海外企業がミャンマーへの参入機会を伺う中、報酬パッケージに関する市場動向とマーケットの水準を正確に把握することが可能となるため、ミャンマーにおいて最も大切な資産である有能な人材を長期に亘り惹きつけ、リテンションし続けることが可能となるということだ。

マーサーは組織人事に関する世界的なコンサルティングファームの中心として、このようなデータや情報を元にグローバルに活動する企業を支援している。「海外報酬ベンチマーキング」といったセミナーも開いており、海外報酬ベンチマーキングの主要報酬項目をご紹介し、報酬水準の妥当性の検証手法、更に本社からの視点で見た実際の事例を交えてマーケットデータに基づき考察している(同社ウェブサイトより)。次回は8月29日に開かれる予定。詳しくは以下のページをご覧ください。

ミャンマーに関するレポートについて:http://www.mercer.co.jp/press-releases/1547320
「海外報酬ベンチマーキング」セミナーについて:http://www.mercer.co.jp/events/1494390


 

投稿日: 2013年08月22日 | 投稿者: Consulting Industry News

タワーズワトソンニュースレター7月号、「グローバルM&A」などについて


 

7月、タワーズワトソンは自社HPにてニュースレター7月号を発表した。今回のテーマは「人事ポリシーとガバナンス」「チェンジマネジメント」「グローバルM&A」についての3テーマ。同社は2011年2月より、毎月ニュースレターを発刊、WEBで公開しているもよう。このようなマーケティングスタイルを取るコンサルティング会社は多い。

「グローバルカンパニーの『強さ』とは~人事ポリシーとガバナンスの構築~」ではグローバル企業において、多国籍の社員が普遍的に共有できる人事ポリシーを定めることが必要であるとした。執筆者は同社の平本宏幸氏。

また「新施策・システムの浸透・定着を実現するチェンジマネジメント」では、社内に新しいシステムを導入する場面における、社員への浸透・定着段階を0から4レベルの5段階に分けて分析。いきなり全社員の「共感」を期待するのではなく、順序を踏んで新施策の新浸透・定着を図ることが重要だとした。執筆者は同社の松尾梓司氏。

「グローバルM&Aと文化の課題」ではグローバル企業において文化の統合を行うべきではないとし、その上で日本企業の文化の特徴を活かすことに腐心すべきだとした。執筆者は同社の片桐一郎氏。

詳しくは以下のサイトをご覧ください。
http://www.towerswatson.com/ja-JP/Insights/Newsletters/Asia-Pacific/japan-newsletter/2013/RTC-NL-2013-July-Top


 

投稿日: 2013年07月22日 | 投稿者: Consulting Industry News

ローランド・ベルガ―発表「日本企業が国際競争で勝つためには」


 

6月18日、ローランド・ベルガ―は最新のスタディ「業界モデル2.0:日本企業の競争力を高めていくために」を発表した。

レポートの中では日本市場の衰退を指摘。日本企業がグローバル展開など従来のビジネス・モデルを劇的に変化させる必要に迫られているとしているが、日本では従来型のビジネス・モデルが依然として支配的であると指摘。

日本企業のビジネスにおいての取組みや政策、変革を考察しながら、企業がビジネス・モデルを変革するためには、「ノンコア事業も含めたポートフォリオを最適化」、「ビジネス・モデル刷新」、「最後に国際化のさらなるに推進」3段階のアプローチが必要と述べている。企業がこのアプローチをひとたび実施すれば、利益の低い不必要な多角化にお金が使われることはなくなる。そして、その見返りとして、企業は一層の競争力を手に入れるとのこと。

プレスリリースでは概要しか述べられていないが、スタディ本文には分析企業なども含め、詳しい調査分析が掲載されていると推測。こちらのスタディーの本文を希望のする方は、メールにて連絡することで入手できるという。詳しくは以下のサイトをご覧下さい。

http://www.rolandberger.co.jp/news/study_20130618/2013-06-18-study_20130618.html


 

投稿日: 2013年06月23日 | 投稿者: Consulting Industry News

キャメル・ヤマモト氏の日経ビジネスONLENで連続コラム。「グローバル時代を生き抜くための術を伝授する」


 

コンサルファームに属するコンサルタントが各種メディアでコラムを連載している。会社のブランディングのためでもあり、個人のブランディングのためでもあろう。デロイトトーマツコンサルティングディレクターでビジネスブレークスルー大学教授も務めているキャメル・ヤマモト氏は日経ビジネスONLINで「グローバル時代を生き抜くための術を伝授する」というテーマでコラムを連載中だ。

このコラムは、昨年1月から続くコラムの最新回で、いずれもキャメル・ヤマモト氏が執筆している。これまでのテーマでは「インパクトのある発言力を身につけよう」や「ゆっくり歩こう」「飲み会で、英語を混ぜて語らうと、どうなるか?」など多彩でユニークなものが扱われている。

6月13日、第11回「とても直視できない!心の中を鏡に映された気分に」を掲載している記事の中で氏はファシリテーションの技を得るためにピース小堀氏のコーチングを受けた際の様子を記事にしている。

コンサルタントがコーチングを受ける模様…、なかなか興味深い。まずピース小堀氏から「何か考えてきましたか?」と聞かれたそうであるがその続きはどうなったのか?なかなか面白いコラムになっている。詳しくは以下のサイトをご覧ください。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20120117/226241/


 

 


 

投稿日: 2013年06月20日 | 投稿者: Consulting Industry News

【当社主催イベント】




CrowdRealty山田恭平氏インタビュー


プロレド・パートナーズインタビュー


ClipLineインタビュー


Vision Forestインタビュー


東京Vとの資本業務提携インタビュー


フリーコンサルタントに案件紹介
コンサルサーチ


コンサルファーム卒業後の起業を支援
Think CAREER


ポストコンサルキャリアで経営者を目指す方を支援
Think CAREER
お問合せ プロフェッショナルを探す企業の方はこちら コンサル登録 スキル・ご要望にマッチした案件情報を随時ご紹介いたします 独立のご相談 独立や起業を検討されている「検討中」の皆様も、是非、弊社にコンタクトください

1.ファーム別

2.テーマ別

3.業界別

5.その他のニュース

未分類