コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

コンサル業界ニュース

タグ: 冨山和彦

経済同友会の副代表幹事にアクセンチュア取締役会長の程近智氏が就任


 

1月20日、経済同友会は2017年度の正副代表幹事・専務理事の体制について、役員等候補選考委員会での審議に基づき幹事会にて了承を得、候補者を内定したことを発表した。4月27日開催の通常総会ならびに理事会に推薦する予定。

経済同友会の人事は2年を1期とし、2年毎に行われる。

今回の人事において副代表幹事に、アクセンチュアの元代表取締役で、現在は取締役会長を務める程近智氏(56歳)が就任することが発表された。

また経営共創基盤の冨山和彦氏は、留任となり3期目の副代表幹事をつとめることとなる。さらに、2013年度から副代表幹事を務めていたボストン コンサルティング グループ シニア・パートナー&マネージング・ディレクターの御立尚資氏は退任となることが発表されている。

詳しくは以下のリリースをご覧ください。
https://www.doyukai.or.jp/news/hr/170120a.html

投稿日: 2017年01月23日 | 投稿者: Consulting Industry News

ATカーニー梅澤 高明氏、IGPI冨山 和彦氏他が、Jリーグとアドバイザー契約


 

7月21日、Jリーグは梅澤 高明氏、冨山 和彦氏、夏野 剛氏、西内 啓氏、堀江 貴文氏の5名とアドバイザー契約を締結することを発表した。堀江貴文氏、夏野剛などが名前を連ねていることも大変興味深いが、コンサル業界ニュース編集部としては、A.T.カーニー株式会社 日本法人会長 パートナー(ニューヨークオフィス)の梅澤 高明氏、株式会社経営共創基盤(IGPI) 代表取締役CEOの冨山和彦氏のコンサルティング業界を代表する2名が名前を連ねていることに期待したい。今回の契約締結により、各アドバイザーがJリーグが推進する各プロジェクトへの助言や提言を行う予定とのこと。

両名の経歴は以下の通り。

============
■梅澤 高明氏(うめざわ たかあき)

東京大学法学部卒業、マサチューセッツ工科大学(MIT)経営学修士。日産自動車を経て、A.T.カーニー入社。日米で20年にわたり、戦略・マーケティング・組織関連のコンサルティングを実施。テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」コメンテーター。グロービズ経営大学院客員教授。著書に『最強のシナリオプランニング』(編著、東洋経済新報社)など。クールジャパン関連の政府委員会で委員を務め、戦略の立案・推進で政府を支援。

============
■冨山 和彦氏(とやま かずひこ)
株式会社経営共創基盤(IGPI) 代表取締役CEO

東京大学法学部在学中に司法試験に合格。スタンフォード大学経営学修士(MBA)。ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)、コーポレイトディレクション(CDI)代表取締役を経て、㈱産業再生機構(IRCJ)COOに就任。IRCJ解散後、㈱経営共創基盤(IGPI)を創業。オムロン社外取締役、ぴあ社外取締役、みちのりホールディングス取締役。財務省財政投融資に関する基本問題検討会、文部科学省科学技術・学術審議会基本計画特別委員会委員、内閣官房まち・ひと・しごと創生会議有識者メンバーなど、政府関連の委員会で委員を務める。経済同友会副代表幹事。
============

2020年の東京オリンピック開催に向けて、文部科学省の外局として2015年10月1日からスポーツ庁が設置されるなど、国をあげてのスポーツへの関心が高まっているが、コンサル業界でもスポーツ業界への関与が増えている。

KPMGが4月にスポーツアドバイザリー室を設置、スポーツに関連するチームや団体に対し、経営課題の分析、中長期計画の策定、予算管理および財務の透明性等に資するアドバイスを提供経営課題の分析、中長期計画の策定、予算管理および財務の透明性等に資するアドバイスを提供するとしていたり、アビームコンサルティングやスカイライトコンサルティングがJリーグチーム、モンテディオ山形、東京ヴェルディの支援を行っている。

今後どのような動きが出てくるのだろうか。当編集部でも注目していきたい。詳しくは以下Jリーグのリリースをご覧下さい。
http://www.jleague.jp/news/article/2027

投稿日: 2015年07月22日 | 投稿者: Consulting Industry News

経営共創基盤、湘南モノレール株式取得か?新聞各社が報じる。


 

5月12日、朝日新聞、産経新聞などの各メディアは、経営共創基盤が三菱重工業など三菱グループ3社から神奈川県鎌倉市と藤沢市江の島を結ぶ「湘南モノレール」の株式を取得するする方針を固めたと報じた。

経営共創基盤は100%子会社である「みちのりホールディングス」を通じて、地方交通企業の経営に参画をしている。みちのりホールディングスの傘下で、福島交通、茨城交通、岩手県北自動車、関東自動車、会津乗合自動車などの地方交通企業を経営。いずれも100%出資しており、みちのりホールディングスの代表取締役は、経営共創基盤の代表取締役マネージングディレクターでもある松本順氏が勤め、取締役には経営共創基盤のCEOである冨山和彦氏が名を連ねる。

湘南モノレールの株式は三菱重工が55%、三菱電機は18%、三菱商事が18%をそれぞれ保有しているとのこと。JR東海道線と接続する大船駅と湘南江の島駅の6・6キロを結び、1970年に運行を開始していた。

朝日新聞の記事によると経営共創基盤は「従業員を維持しつつ、グループ内で連携して誘客を図ったり、車両や関連機器をまとめて購入したりして、立て直しを進めているということだ。同社は、湘南モノレールもグループに取り込み、活性化を図る考えとしている」とのことだ。ただ、産経新聞は三菱重工の広報部門の話として「いろいろと検討しているが、正式に決まったものはない」とコメントしていると伝えている。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

産経新聞:http://www.sankei.com/economy/news/150512/ecn1505120043-n1.html
朝日新聞:http://www.asahi.com/articles/ASH5C64FFH5CULFA03P.html

投稿日: 2015年05月13日 | 投稿者: Consulting Industry News

経営共創基盤、ビッグデータ活用の共同研究スタート。リクルートマーケティングパートナーズ・東京大学と共に。


 

株式会社経営共創基盤(代表取締役CEO:冨山和彦氏)と株式会社リクルートマーケティングパートナーズ (代表取締役社長:冨塚優氏)と国立大学法人東京大学(総長:濱田純一氏)大学院工学系研究科総合研究機構松尾豊准教授の研究グループは、三社共同研究にて、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営するオンライン予備校『受験サプリ』のログデータを解析し、受験生の合格率UPをサポートするプロジェクトをスタートしたと発表。

本プロジェクトでは『受験サプリ』が有する受験生約28万人のログデータをもとに、動画視聴時間・利用頻度・視聴動画の傾向などを可視化し、第一志望校合格者の「受験勉強アルゴリズム」を炙り出すことで、受験生の合格率UPサポート・ナビゲート機能を強化することを目指すとのこと。

詳しくは以下のリリースをご覧ください。

http://www.igpi.co.jp/PDF/20141104__igpi_r_tokyo%20university.pdf#zoom=100

投稿日: 2014年11月06日 | 投稿者: Consulting Industry News

経営共創基盤の冨山和彦氏が「ビッグチャンス」を出版


 

8月8日、経営共創基盤の代表取締役CEOの冨山和彦氏が、書籍「ビッグチャンス」をPHP研究所から出版。

アマゾンの説明によると「日本企業、反転攻勢の大チャンス到来!過去の栄光にしがみつくのはやめて、本物のガバナンス、人事制度、事業選択法を手に入れろ。「株式会社ニッポン」が本格的、持続的に「稼ぐ力」を取り戻し、 再び世界の覇権を争うための課題を提示する一冊ということだ。

詳しくは右のリンクからご覧ください。

投稿日: 2014年08月14日 | 投稿者: Consulting Industry News

経営共創基盤、KPIソリューションズへ資本参加を発表。


 

経営共創基盤(代表取締役CEO:冨山和彦)は6月20日付にて、株式会社KPIソリューションズ(代表取締役:石田徹郎)に資本参加をしたことを発表した。

KPIソリューションズは、ADテクノロジー技術をベースにマーケティング・ソリューションサービスの開発と提供を行うソリューション・プロバイダとして、マーケティングソリューションを提供しているベンチャー企業。今後インターネット広告業界においてユニークなソリューション・プロバイダとして、大きく飛躍することが期待されているという。

KPIソリューションズは、今回の増資で得た資金を活用し、積極的な開発投資による競争力の強化ならびに海外進出の推進を実施。

一方、経営共創基盤はは、経営全般に関わるアドバイスに加え、経営共創基盤の有するネットワーク・リソースを活用し、「マーケが変える、変わる世界」をテーマに、テクノロジーの力で世界を変えていくKPIソリューションズの飛躍を支援していくとともに、KPIソリューションズと共に世界市場を見据えた事業展開を推進する。

詳しくは以下のリリースをご覧ください。
https://www.igpi.co.jp/PDF/20140623_kingston_kpis_0.pdf

投稿日: 2014年06月23日 | 投稿者: Consulting Industry News

経営共創基盤代表の冨山和彦氏が著書「なぜローカル経済から日本は甦るのか」をPHP新書として出版


 

6月14日、経営共創基盤の代表をつとめる冨山和彦氏が、著書「なぜローカル経済から日本は甦るのか」をPHP新書として出版。

同社ウェブサイトでの紹介によると ”アベノミクス成功のカギは、ローカル経済にある。グローパル経済も分析しながら、今後の日本が成長していくヒントを読み解いていく。 GDPと雇用の7割を占めるローカル企業こそ、日本経済の切り札となる。” となっている。

右のリンクからぜひお買い求めください。

投稿日: 2014年06月18日 | 投稿者: Consulting Industry News

3月18日(土)11:00~当社主催

3月18日(土)13:30~当社主催



ClipLineインタビュー


Vision Forestインタビュー


東京Vとの資本業務提携インタビュー


フリーコンサルタントに案件紹介
コンサルサーチ


コンサルファーム卒業後の起業を支援
Think CAREER


ポストコンサルキャリアで経営者を目指す方を支援
Think CAREER
お問合せ プロフェッショナルを探す企業の方はこちら コンサル登録 スキル・ご要望にマッチした案件情報を随時ご紹介いたします 独立のご相談 独立や起業を検討されている「検討中」の皆様も、是非、弊社にコンタクトください

1.ファーム別

2.テーマ別

3.業界別

4.調査研究/コラム/オピニオン

5.その他のニュース

未分類