コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

コンサル業界ニュース

タグ: ATカーニー

ATカーニー梅澤 高明氏、IGPI冨山 和彦氏他が、Jリーグとアドバイザー契約


 

7月21日、Jリーグは梅澤 高明氏、冨山 和彦氏、夏野 剛氏、西内 啓氏、堀江 貴文氏の5名とアドバイザー契約を締結することを発表した。堀江貴文氏、夏野剛などが名前を連ねていることも大変興味深いが、コンサル業界ニュース編集部としては、A.T.カーニー株式会社 日本法人会長 パートナー(ニューヨークオフィス)の梅澤 高明氏、株式会社経営共創基盤(IGPI) 代表取締役CEOの冨山和彦氏のコンサルティング業界を代表する2名が名前を連ねていることに期待したい。今回の契約締結により、各アドバイザーがJリーグが推進する各プロジェクトへの助言や提言を行う予定とのこと。

両名の経歴は以下の通り。

============
■梅澤 高明氏(うめざわ たかあき)

東京大学法学部卒業、マサチューセッツ工科大学(MIT)経営学修士。日産自動車を経て、A.T.カーニー入社。日米で20年にわたり、戦略・マーケティング・組織関連のコンサルティングを実施。テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」コメンテーター。グロービズ経営大学院客員教授。著書に『最強のシナリオプランニング』(編著、東洋経済新報社)など。クールジャパン関連の政府委員会で委員を務め、戦略の立案・推進で政府を支援。

============
■冨山 和彦氏(とやま かずひこ)
株式会社経営共創基盤(IGPI) 代表取締役CEO

東京大学法学部在学中に司法試験に合格。スタンフォード大学経営学修士(MBA)。ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)、コーポレイトディレクション(CDI)代表取締役を経て、㈱産業再生機構(IRCJ)COOに就任。IRCJ解散後、㈱経営共創基盤(IGPI)を創業。オムロン社外取締役、ぴあ社外取締役、みちのりホールディングス取締役。財務省財政投融資に関する基本問題検討会、文部科学省科学技術・学術審議会基本計画特別委員会委員、内閣官房まち・ひと・しごと創生会議有識者メンバーなど、政府関連の委員会で委員を務める。経済同友会副代表幹事。
============

2020年の東京オリンピック開催に向けて、文部科学省の外局として2015年10月1日からスポーツ庁が設置されるなど、国をあげてのスポーツへの関心が高まっているが、コンサル業界でもスポーツ業界への関与が増えている。

KPMGが4月にスポーツアドバイザリー室を設置、スポーツに関連するチームや団体に対し、経営課題の分析、中長期計画の策定、予算管理および財務の透明性等に資するアドバイスを提供経営課題の分析、中長期計画の策定、予算管理および財務の透明性等に資するアドバイスを提供するとしていたり、アビームコンサルティングやスカイライトコンサルティングがJリーグチーム、モンテディオ山形、東京ヴェルディの支援を行っている。

今後どのような動きが出てくるのだろうか。当編集部でも注目していきたい。詳しくは以下Jリーグのリリースをご覧下さい。
http://www.jleague.jp/news/article/2027

投稿日: 2015年07月22日 | 投稿者: Consulting Industry News

A.T.カーニー日本代表 岸田雅裕氏、「コンサルティングの極意」を出版


 

ATカーニー日本代表の岸田雅裕氏が3月5日に書籍「コンサルティングの極意―論理や分析を超える「10の力」を東洋経済新報社より出版した。

顧客から、上司から、部下から「相談される」プロになるための教科書
「顧客から、上司から、部下から「相談される」プロになるための教科書」であり、戦略コンサルティングファームのトップが、プロフェッショナルが身につけるべき「10の力」について伝授している。10の力とは、聞く力、先見力、献身力、突破力、巻き込み力、共創力、好奇心、歴史観、忘れる力、恋愛力の10ことなっている。

コンサルティングの歴史を振り返り、未来を考えるコラムも興味深い
また、各章の末尾にはコラムとして「コンサルティングの歴史を振り返り、未来を考える」が書かれており、こちらも興味深い。ロジカルシンキングだけではクライアントも驚かなくなってきており、ロジカルの対極にあるクリエイティブなどの要素を取り紺で行く必要がある、などのイノベーションの方向性が書かれている。

コンサルタントとしても学びが多い本
当編集部でもこの本を読ませていただいたが、岸田氏の考えていること、失敗談も含めた岸田氏のエピソードなど、本音だなと思われることがたくさんが書かれており面白かった。コンサルタントとしてもなかなか学びの多い本であると思う。気になる章と、各章最後のコラムだけでも読んでみることをお勧めしたい。右上のアマゾンのサイトから購入ください。

投稿日: 2015年03月19日 | 投稿者: Consulting Industry News

A.T.カーニー野田 武 氏が「最強の調達戦略」を発刊。


 

A.T.カーニーはパートナーの野田武氏が「最強の調達戦略~成熟市場の企業収益力を向上させる経営手法~」を2月14日に発売したことを発表した。

本書は、企業活動における調達の重要性を、日本企業のグローバル化の視点を交えて考察した上で、調達戦略の考え方・アプローチを説明した実践書とのこと。企業の調達部門の方々にとどまらず、サプライチェーン全体に関わる方、経営企画部門・経営幹部の方までを対象としているという。

内容は6章から成り立っており「第1章 なぜ今、調達戦略なのか?」、「第2章 調達戦略の基本的な考え方と先進企業の趨勢」、「第3章 「調達戦略のチェスボード」基本編」、「第4章 「調達戦略のチェスボード」活用編」、「 第5章 グローバル調達の高度化に向けて」、「第6章 間接材コストへの取組み」となっている。

著者の野田 武 氏は、A.T. カーニー パートナー。東京大学工学部卒、同大学院工学系修士課程修了、ペンシルバニア大学ウォートン経営大学院修了(MBA with Distinction)。大手エンジニアリング・建設会社を経てA.T.カーニー入社。執筆協力者として、同社パートナーの栗谷 仁氏、小崎 友嗣氏も名を連ねる。

投稿日: 2014年02月20日 | 投稿者: Consulting Industry News

コンサル会社10社が協力した書籍「コンサルティングの基本ベストプラクティス集」本日発売


 

6月20日、神川貴実彦著「コンサルティングの基本 ベストプラクティス集」が日本実業出版社より発売される。本著は2008年に出版された「コンサルティングの基本」の続編。

本著では、業界大手10社のコンサルティングファームが制作に携わっており、コンサルティング業務を具体的に理解できるよう現役コンサルタントによる説明が入れられている。

この手の本にコンサル会社が名前を出して、複数社が相乗りして協力することは珍しい。というか、当編集部が知る限り業界初ではないか?とさえ思われる。しかも協力しているコンサル会社が、A.T.カーニー、ローランドベルガーなど外資戦略系から、ヘイグループ、マーサーという外資人事系、そして、大手総合ファームのアクセンチュアやPwC、KPMGまで。業界を網羅している感がある。従来の「理論ばかりを振りかざす」というイメージとは正反対の、現場を重視するコンサルタントの実像をが書かれているという。

著者の神川貴実彦氏は早稲田大学を卒業後にベンチャー企業の営業を行っていたものの会社が倒産し、その後ボストン・コンサルティング・グループに入社したという経歴をもつ。

現在は転職支援サービスを提供する株式会社ムービン・ストラテジック・キャリアの代表取締役を務めている。ムービンの代表だからこそ書けた本、そう感じる方も多いかもしれない。


 

投稿日: 2013年06月20日 | 投稿者: Consulting Industry News

A.T.カーニー、女性を対象としたコンサルタントへのキャリアアップセミナー開催


 

アクシスコンサルティング等、人材紹介各社は、経営コンサルタントへのキャリアアップを目指す女性を対象にキャリアアップセミナーを6月28日 (金)に開催することを案内している。(詳細は下記アクシスコンサルティングのページからご覧ください)

当セミナーは通常のキャリアアップセミナーと異なり ”女性”に焦点を当てていることが特徴。

実際に現場で活躍している女性コンサルタントが参加し、コンサルティングの仕事のイメージや、女性がコンサルタントとして働くことの意味などをお伝えするという。説明会後半には皆様と気楽な雰囲気の中で質疑応答ができる懇親会も行う模様。

コンサルティング各社は女性活用に関し、それぞれ対策を進めてきており、今後もより一層進めていくと想定される。例えばアクセンチュアでは「世界一女性が働きやすい会社、 世界一女性が成長できる会社を目指して」と銘打ちウェブサイト上で取り組みを紹介。女性から見たアクセンチュアの魅力、女性のキャリア形成を支える具体的な制度や活動、女性を応援する制度とカルチャーについてどのように取り組んでいるかを紹介している。女性の活躍についてコンサルティング各社の今後の動きが注目される。

参照元サイト:

アクシスコンサルティング: http://www.axc.ne.jp/seminarentry/2013/06/atkearney-20130628.html

アクセンチュアHP: http://careers.accenture.com/jp-ja/working/overview/diversity/Pages/index.aspx

投稿日: 2013年05月21日 | 投稿者: Consulting Industry News

戦略コンサル大手各社がMBA留学対象者に向け壮行会を開催中


 

海外の特にMBAを中心とした大学院留学予定者を対象とした留学前壮行会が、マッキンゼー、BCG、ベインアンドカンパニーなどの外資系戦略コンサルティングファームを中心に、この時期開催されている。

ボストンコンサルティンググループは5月16日に2013年夏~冬までに海外大学院へ留学予定の方を対象に実施。パートナーによるBCG紹介、MBAからの学びと戦略コンサルティングへの活用、社員の留学経験談やケース事例を交えたディスカッション等を実施した模様。

6月上旬にかけて各社開催を予定しているようであり、各社の壮行会の詳細は、以下のページから伺える。

各社、留学生に対し、キャリアに関する情報収集や交流の場を提供することを目的としている。5月中旬旬から6月上旬にかけて開催時期が集中しており、現在すでに参加申し込み締切られている所もある。

各社優秀な人材の確保のためのコネクションづくりの活動とみられる。

投稿日: 2013年05月21日 | 投稿者: Consulting Industry News





ClipLineインタビュー


Vision Forestインタビュー


東京Vとの資本業務提携インタビュー


フリーコンサルタントに案件紹介
コンサルサーチ


コンサルファーム卒業後の起業を支援
Think CAREER


ポストコンサルキャリアで経営者を目指す方を支援
Think CAREER
お問合せ プロフェッショナルを探す企業の方はこちら コンサル登録 スキル・ご要望にマッチした案件情報を随時ご紹介いたします 独立のご相談 独立や起業を検討されている「検討中」の皆様も、是非、弊社にコンタクトください

1.ファーム別

2.テーマ別

3.業界別

4.調査研究/コラム/オピニオン

5.その他のニュース

未分類