コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 横浜銀行の事件「業務委託先関連企業社員の逮捕について」と、NTTデータがプレスリリース。

2014.02.06 横浜銀行の事件「業務委託先関連企業社員の逮捕について」と、NTTデータがプレスリリース。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

横浜銀行を舞台としたカード不正取得事件が新聞紙上等をにぎわせている。この事件は、ITコンサル業界とSI業界が密接につながっているため、当コンサル業界ニュースとしても見逃せない。

この事件に関し、NTTデータがプレスリリースを出している。

リリースによると、逮捕された従業員は、NTTデータが横浜銀行から委託を受け、ATMベンダーである富士通に再委託していたATM保守管理業務におけるソフトウェアトラブル解析等に際して、不正に入手したATM内部情報を用いてカードを偽造。第三者の口座から不正に現金を引き出したとみられているとのこと。

NTTデータは、横浜銀行、富士通、富士通フロンテックとともに全面的に警察の捜査に協力してきたとのことで、本事案に関して被害の範囲は特定できており、既に再発防止策を講じているという。そのため今後同様の手口による被害の発生は無いということである。

一方、コチラの記事「横浜銀行データ不正取得事件で富士通フロンテックが説明、謝罪会見一問一答(日経コンピューター)」では、富士通フロンテックの下島文明 代表締役社長等が会見を開いた様子が掲載されている。会見の中で下島社長は

「不正の原因は、「長年担当していたからか」という指摘だろうが、私どもとしても管理監督の面から見て、そういうことも一因だったと考えている。一つの顧客を長年担当することはあるが、今回改めて調査すると、彼ほど長いケースはない。(中略)一つの顧客を長年担当することはあるが、今回改めて調査すると、彼ほど長いケースはない。10年以下が一般的で、今後はタイミングを見て代えていくということをやっていきたい。」

と述べていることなど注目だ。

NTTデータのリリースによると、既に再発防止策を立たるということであるが、結局、最後は「人」の問題のような気もする。先日の冷凍食品の毒混入事件も「人」が原因であった。こういった人の問題である一方、不正を起こさせない仕組みを組織・企業としてどう構築していけるか・・・、この点について経営者は今後も頭を悩まし続けることになろう。性悪説に立った経営というのは、なんだか悲しい気もするが、現実問題として経営にはそういう側面もある。

コンサルタントとして企業を支援していくためには、こういった点もしっかり経営者視点として持ち合せたいものである。

NTTデータプレスリリース:

http://www.nttdata.com/jp/ja/news/information/2014/2014020502.html

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

ページの先頭へ