コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 3.会計系 > PwC > PwC、電力小売市場意識調査2014の結果を発表。7.5兆円市場を巡る動き。

2014.10.28 PwC、電力小売市場意識調査2014の結果を発表。7.5兆円市場を巡る動き。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

10月27日、プライスウォーターハウスクーパース株式会社(代表取締役社長:椎名 茂)は、日本全国の一般家庭における消費者を対象に実施した、「電力小売市場意識調査2014」の結果を発表した。

一般家庭における電力会社の乗り換えに関する意識調査
本調査は、PwC社内の専門組織「電力システム改革支援室」が、電力の小売全面自由化を前に、一般家庭における電力会社の乗り換えに関する意識を把握することを目的に実施したもの。昨年に続き2年連続で実施し、電力需要家の住環境、年齢、家族構成、世帯年収などの属性を背景として、「電気料金割引率」と「電力会社乗換率」に関する相関関係や、原子力発電を利用しない供給サービスへの関心、クリーンエネルギーのみによる供給サービスへの関心などを調査している。

5%割引で10%、15%の割引だと約50%が購入先変更を検討
本調査の結果、月平均の電気料金が現在より安い電力会社を見つけた場合に、電力の購入先の変更を検討する消費者の割合は、現行電気料金より5%の割引率で10.0%となり、さらに、15%の割引率では49.8%と約半数の消費者が変更を検討するという結果となったという(下図)。そのほか、電力購入先である電力会社変更の検討に関する消費者の意識調査などの結果を掲載。

電気料金割引率」と「電力会社乗換率」の相関
※プライスウォーターハウスクーパース株式会社「電力小売市場意識調査2014」より引用
Q:今よりも安い電力会社に変更を考え始めるのは、どのくらいの割引料金からですか。サービスの質は同じ、会社変更に伴う出費はないものとしてお答えください。

電力小売り市場意識調査

7.5兆円の市場が開放。コンサル会社による支援も活発化
こういった調査は、政府が2016年から電力の小売全面自由化を決定したことに伴い、大手電力会社以外の事業者から電気を購入できるようになり、競争によって多様なサービスや価格が実施されることが予想されている背景があるためだ。現在、新電力への事業参入を届け出ている企業は10月時点で370社を超え、消費者は時間の経過とともにさまざまな情報の中から選択を迫られることになりる。

コンサルティング各社、システム各社にも商機
これに従いコンサルティング各社でも対応部門を設置し、参入を予定する各社に対し支援することが活発になってきた。10月26日の日経新聞の記事「自由化で電力システムに商機 日立やNTTデータ、特需に照準」では、日立製作所やNTTデータなど情報システム大手が電力小売りの全面自由化の基盤となるシステム開発に乗り出したことを報じ、「自由化に伴って生まれるシステムやサービスなど含めた市場規模は7兆円を超えるともいわれる。この「特需」を狙い、他のシステム会社も周辺サービスなどの売り込みを狙う」などとしている。関連するシステム構築に参画できる可能性があるとのこと。

350社が数千万円~数億円規模以上のシステム投資をする新たな商機
同記事では日立、日本IBM、独SAPが新組織等を設立しビジネスを始めたことを指摘している。この動きと共に、同紙では「電力事業に参入しようとする新電力への届け出企業数は350社を超えており、数千万円から数億円規模以上のシステム投資をする見通しで新たな商機になるのは確実」ともしている。

PwCでは電力システム改革支援室を設置
PwCでは電力システム改革支援室(パートナー狭間陽一氏)を2013年11月1日に設置。あらた監査法人、税理士法人プライスウォーターハウスクーパースのメンバーを含む約40名の体制で電力小売の自由化・発送電分離など電力システム改革の動きに対応する電力会社、および電力市場へ新規参入を計画する企業に対し、戦略策定や制度変更対応などの領域において、総合的なコンサルティングサービスを提供しているという。

本調査に関する詳しいプレスリリースは以下のページをご覧ください。
http://www.pwc.com/jp/ja/advisory/press-room/news-release/2014/electricity-market-survey141027.jhtml

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

ページの先頭へ