コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 【ルクセンブルク】PwCからの流出文書で問題に。国際的なジャーナリスト集団が、租税回避国活用企業リストを公表。

2014.11.12 【ルクセンブルク】PwCからの流出文書で問題に。国際的なジャーナリスト集団が、租税回避国活用企業リストを公表。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

【ルクセンブルク】11月5日、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が、グローバル企業約340社が、ルクセンブルグと協定を結び、租税を回避していた事実を突き止めたと発表。これがグローバルで話題になっているが、この件に関し文書がPwC(プライスウォーターハウスクーパース)から流出されたと話題になっている。

朝日新聞によると「文書は全部で2万8千ページ。大手会計事務所のPwC(プライスウォーターハウスクーパース)のルクセンブルク法人が2002~10年に作成したとされ、その多くに、ルクセンブルク政府の課税当局者の承認印が押されている。PwCが、顧客である各企業の資金の流れなどの事情を当局に説明し、どのようにそれに課税されるべきかについて交渉し、当局者との間で合意を得た――という経緯が示されている」とのこと。

ICIJがPwCから流出した機密文書総計2万8000ページを詳細に調査した結果、ルクセンブルクが大企業に対して優遇税制をとっていると結論づけたということだ。この流出した情報はPwCの署名があり「PwCがコンサルタントとして多くの企業に節税対策を指南していた模様」としている。

PwCはステートメントを発表。
これに対し、11月7日、PwC(グローバル・サイト)はルクセンブルクの優遇税制についての報道された内容についてステートメントを発表。ICIJの報告は違法に入手された不完全で古い、部分的な情報に基づいているとしている一方、文書がルクセンブルク事務所から流出したことを重大に受け止めており調査を行うとしている。原文(抜粋)は以下。

“The recent reports in the media on tax advice in Luxembourg co-ordinated by the International Consortium of Investigative Journalists (ICIJ) are based on partial, incomplete information dating back four years or more, which was illegally obtained.

PwC takes the improper disclosure of any confidential information extremely seriously. As soon as it became aware that documents had been illegally taken from its offices in Luxembourg, PwC undertook a full investigation that quickly led to the individual who we believe took the documents. The matter was immediately reported to the relevant judicial authorities in Luxembourg whose enquiries into the matter are continuing. At the time of the disclosure of the documents, the individual had already left PwC’s employment.“

あってはならない会計事務所からの文書流出したという事態を同社はこのように重大視している模様だ。詳しくは以下のサイト等をご覧、ご参考ください。

■PwC「PwC statement in response to media reports on tax advice in Luxembourg」
http://press.pwc.com/GLOBAL/News-releases/pwc-statement-in-response-to-media-reports-on-tax-advice-in-luxembourg/s/98e57f4b-050f-47eb-92e3-54722331019a
■朝日新聞「ルクセンブルク当局と各国企業、課税で秘密合意」
http://www.asahi.com/articles/ASGC54QGHGC5ULZU008.html
■BLOGOSニュースの教科書編集部「国際的なジャーナリスト集団が、租税回避国活用企業リストを公表」
http://blogos.com/article/98487/
■日経新聞[FT]EUはルクセンブルクの税優遇を許すな(社説)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO79484210Q4A111C1000000/
■Gigazine「Amazonの節税拠点であるルクセンブルクが世界的企業に優遇税制を適用しているとの調査報告」
http://gigazine.net/news/20141106-luxembourg-tax-haven-report/

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

ページの先頭へ