コンサル業界ニュース

ホーム > 2.テーマ別 > その他 > ファームの人事/組織/採用の動向 > BCG太田直樹氏の大臣補佐官に就任に関し、高市総務大臣が記者会見にて語る。

2015.01.11 BCG太田直樹氏の大臣補佐官に就任に関し、高市総務大臣が記者会見にて語る。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

先日当ニュースでも報じた通り、ボストンコンサルティンググループ太田氏直樹氏が大臣補佐官に就任したが、その件について高市総務大臣が1月9日に記者会見で触れた様子が、総務省のウェブサイトに公表された。記者会見の中で高市大臣は以下のように述べている。以下、総務省ウェブサイトからの抜粋である。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/kaiken/01koho01_02000348.html

「太田さんにつきましては、昨年、私が就任をいたしましてから、先ほど申し上げましたような問題意識に沿った知見をお持ちの方を一生懸命探しておりました。ところが、途中で解散がありましたり、また、新たな内閣になるというような状況が発生しましたので、特に民間の方でございますから、御自分のお勤めを辞めて専任で来ていただくということでございますので、しばらくタイミングを待っておりました。

 いよいよ第3次安倍内閣が発足して、これから、今年、本腰を入れて政策構築にも取り組み、また、再来年度の予算・税制にも反映させていくべき新たな政策構築ができる、そういうタイミングになったので、今回、年明けからお願いをすることにいたしました。

 どうやって探したかということなのですけれども、太田さんと私が昔から面識があるというわけでもなかったのですが、私が信頼する友人などに、こういったことで専門的な知識を持っている経験を積んでいる方がいないだろうか、特に、先ほど申し上げたとおり、まずICT、今、行政改革、行政の効率化などでは非常に総務省でも進んだ取組を目指して頑張っているところでありますけれども、もっと地方のビジネスがICTによって革新的に生産性を上げ変わっていく、利益を生み出していく、そういう形をしっかり構築したいということや、それから、為替変動に強い、地域のことですから自給自足型とも言いましょうか、そういった一つの産業構造モデルというものを構築してみたいという思いが、非常に私自身に強くございましたので、グローバルな視点を持たれた、また、経験を持っておられる方がいないだろうかということで、数名の友人に相談をしておりました中で、複数の候補者の中から、私自身インターネットも使い、また、それぞれの方々が書かれたものなども読ませていただき、太田さんにお願いしようということになりました。

 ものすごい偶然なのですけれども、実際に太田さんにお願いするということで、御本人とは電話やメールでのやり取りが主だったのですけれども、お話ししているうちに、たまたま私が通っていた高校の近所が御実家だったということで、奈良県の御出身と聞いております。ボストンコンサルティンググループにおける業績というものを見ましても、私が考えている政策構築の方向性に合った方であろうと、そう期待をいたしております。」

コンサル出身の国への関与に大変期待したい!

詳しくは以下のページをご覧ください。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

ページの先頭へ