コンサル業界ニュース

ホーム > 未分類 > 労働時間法制「高度プロフェッショナル制度」の対象業務に「コンサルタント」が含まれる方向に審議が進む。

2015.02.08 労働時間法制「高度プロフェッショナル制度」の対象業務に「コンサルタント」が含まれる方向に審議が進む。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

2月6日の厚生労働省労働政策審議会労働条件分科会において「今後の労働時間法制の在り方について(報告書案)」がまとまり示された。厚生労働省のWEBサイトにアップされている。

同分科会は、2013年9月以来、労働時間法制等の在り方について議論を行ってきた。同報告書案では「経済のグローバル化の進展等に伴い、企業において創造的な仕事の重要性が高まる中で、時間ではなく成果で評価される働き方の下、高度な専門能力を有する労働者が、その意欲や能力を十分に発揮できるようにしていくことなどが求められており、健康確保措置を前提に、こうした働き方に対応した選択肢を増やしていくことも課題となっている」

とし、6つの項目に分けて報告内容をまとめているが、「4 特定高度専門業務・成果型労働制(高度プロフェッショナル制度)の創設」とし「時間ではなく成果で評価される働き方を希望する労働者のニーズに応え、その意欲や能 を十分に発揮できるようにするため、一定の年収要件を満たし、職務の範囲が明確で高 度な職業能力を有する労働者を対象として、長時間労働を防止するための措置を講じつつ、 時間外・休日労働協定の締結や時間外・休日・深夜の割増賃金の支払義務等の適用を除外した新たな労働時間制度の選択肢として、特定高度専門業務・成果型労働制(高度プロフェッショナル制度)を設けることが適当である」としている。

対象業務として「具体的には、金融商品の開発業務、金融商品のディーリング業務、アナリストの業務(企業・市場等の高度な分析業務)、コンサルタントの業務(事業・業務の企画運営に関する高度な考案又は助言の業務)、研究開発業務等」とされている点、当コンサル業界ニュースとして注目すべきは、コンサルタントがこの中に含まれるという点である。少なからずコンサル業界の働き方、コンサル会社の人事制度に影響を及ぼすものとみられ、今後の法案成立の行方を見守る必要がある。

興味のある方は以下の報告書をご覧ください。こちらは、2月6日に開催された「第124回労働政策審議会労働条件分科会資料」の資料となっている。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000073472.html

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

ページの先頭へ