コンサル業界ニュース

ホーム > 5.その他のニュース > .調査研究/コラム/オピニオン > 【英国発】PwC、調査レポート「2050年の世界」を発表。主要国のGDPを予測

2015.03.01 【英国発】PwC、調査レポート「2050年の世界」を発表。主要国のGDPを予測

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

2月10日にイギリスのPwCが発表したプレスリリースを翻訳し、PwC Japan がウェブサイトで発表した。これはPwCのマクロ経済担当チームが発表した最新の調査レポート「2050年の世界:世界の経済力のシフトは続くのか?」で明らかになった主な結果。

レポートでは、世界経済が2014年から2050年までに年平均3%強のペースで成長し、経済規模が2037年までに倍増、2050年までには3倍近くになると予想。2020年以降は、中国と一部の主要新興国の成長率がより長期的に持続可能な成長率へと鈍化し、多くの経済大国で労働年齢人口の伸びが鈍化するため、世界経済の成長は減速するとみられるとも予測している。さらに具体的に以下のような点に言及。

•中国は2030年までに世界最大の経済大国になることは明白だが、長期的には成長率が世界平均に収束する見通し
•インドは2050年までに米国を抜いて世界第2位の経済大国となる可能性
•インドネシア、メキシコ、ナイジェリアが、英国とフランスをトップ10の座から追い出す可能性
•フィリピン、ベトナム、マレーシアも著しい伸びを示す見込み
•コロンビアとポーランドは、2050年までブラジルとロシアよりも力強く成長

なお、日本は、2050年にはインドネシア、ブラジル、メキシコにも抜かれ7位となると予測されている。
その他、プレスリリースでは、予測GDPの世界順位や主要国の平均実質GDP成長率予測の具体的な数値とと共に、より詳しいインサイトが公表されている。以下のリリースをご覧ください。
http://www.pwc.com/jp/ja/japan-news/2015/world-in-2050-150227.jhtml

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

ページの先頭へ