コンサル業界ニュース

ホーム > 5.その他のニュース > ベイン出身の坂越氏が立ち上げたelDesign、アクセンチュアとMSの合弁のアバナード社と協業。新電力向けワンストップサービスを提供

2015.06.19 ベイン出身の坂越氏が立ち上げたelDesign、アクセンチュアとMSの合弁のアバナード社と協業。新電力向けワンストップサービスを提供

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

6月19日、elDesignとアバナードは、新電力事業者向けのシステムおよび、サービスの開発・提供において協力することを発表した。

elDesignが行う、新電力事業者の立ち上げ支援や電源調達支援などのコンサルティングサービス、需給管理業務、料金計算業務などのアウトソーシングサービスと、アバナードが得意とする公共/エネルギー業界向けのERPソリューション、顧客管理情報システムの導入を協力して行うことで、新電力参入から運営までワンストップで支援する。

新電力事業者に対し、最適化されたパッケージソリューションを提供
2016年4月より電力自由化範囲が拡大され、7.5兆円ともいわれる家庭用小売市場が解禁される。2015年5月時点では異業種からの新規参入を含めて650社以上もの新電力事業者が登録を行っている状況だ。これに従い、コンサルティング各社も電力事業者の支援サービスに注力している動きがある。

そんな環境の中、elDesignとアバナードは、地域電力を初めてとする小規模事業業者から、通信、ガス事業者といった比較的大規模な事業者までそれぞれの事業規模、顧客、予算に対して最適化されたパッケージソリューションを提供するとのことだ。

elDesign
elDesignは、世界有数の戦略コンサルティング会社であるベインアンドカンパニー出身の坂越健一氏が立ち上げた会社。エネルギーや環境に関わるコンサルティング事業、電力ビジネス支援事業などを行っている

新しい社会生活をデザインするという想いのもと、日本のエネルギーの自由化を見据え、環境性と経済性を両立させつつ、自由で快適な生活を送ることができる社会を実現させるためのあらゆるサービスを提供してく活動。

アバナード
一方のアバナードは、アクセンチュア社とマイクロソフト社の出資によるジョイントベンチャーとして 2000 年に設立。業界とビジネスに関する深い専門知識と最適なエンタープライズ ソフトウェア ソリューションを統合したサービスを提供している。

20か国70か所以上の拠点があり、22,000 人以上の専門家集団を保有。日本代表はアクセンチュア出身の、 同社ウェブサイトによると、「現在、アバナードの株式は、アクセンチュアが大部分を所有している」とのこと。代表はアクセンチュア出身の安間裕氏がつとめている。

電力自由化に向けたコンサルティング業界各社の動きには今後も注目していきたい。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

ページの先頭へ