コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 【グローバル】PwC、2015年度の収益を発表。全ての事業部門および地域において収益が拡大

2015.10.15 【グローバル】PwC、2015年度の収益を発表。全ての事業部門および地域において収益が拡大

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

PwC(プライスウォーターハウスクーパース)は2015年6月30日終了の会計年度において、グローバルで結果を発表した。

PwCの営業総収益は、恒常為替レートベースで10%の増収で354億米ドルの営業総収益を計上した。前年度から大幅な収益増を達成するとともに、2007年度以来最高の総収益増加率も記録、全ての事業部門およびすべての地域において収益が順調に拡大したということだ。

地域別では各地域とも順調に収益が拡大。
・北米・カリブ海諸国では12%の収益成長を達成、最大のファームであるPwC米国は収益が10%増の122億米ドルに達するととともに、すべての事業部門が成長した
・南米・中米の成長率は、不振の続くブラジルの経済状況の影響により前年度から低下したものの、収益は引き続き好調で8%増を達成
・アジアでの収益も2015年度は好調で、9%増の41億米ドル。中国・香港では8%、インドでは17%の収益増を達成
・欧州も大きな成長を達成し、西欧では8%、中・東欧では6%の収益増となった。PwCで2番目に大きなファームである英国ファームの収益も9%増の41億米ドルと好調な業績を計上。またタリアは11%、ドイツは8%、フランスは6%の成長をそれぞれ達成
・中東・アフリカの収益も16%の2桁成長を達成
・オーストラリア・太平洋諸島地域でも11%増の好調な成長を達成。オーストラリアの収益成長率は10%となった

事業部門別でも全ての領域において収益が増加
・PwCの基幹事業である、アシュアランスサービスからの収益は6%増の152億米ドルへと大きく成長
・アドバイザリーサービスは2015年度に非常に大きな成長を遂げ、収益は18%増の112億米ドルに達した。アドバイザリーサービスはPwCの総収益のうち30%以上を占めるようになり、今後も大きく成長すると予測されるとのことだ
・税務サービスも2015年度に大きく成長し、収益は7%増の89億米ドルに達した。

スタッフ数は6%増加の208000人
なお、組織体制については2015年度の採用数は過去最高の53,049名に達し、そのうち24,600名は新卒者。世界全体でのスタッフ数は6%増加して208,000名となった。2016年度には「ステークホルダーからの需要のさらなる多様化に応え、2016年度にはより多くの国々からより幅広いスキルを持つ人材を採用する計画」ともしている。

詳しくは以下のリリースをご覧ください。
http://www.pwc.com/jp/ja/japan-press-room/press-release/2015/pwc-fy2015-global-revenues151006.html

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

ページの先頭へ