ドリームインキュベータの投資先、ロゼッタが上場承認。 | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 1.戦略 > ドリームインキュベータの投資先、ロゼッタが上場承認。

2015.10.16 ドリームインキュベータの投資先、ロゼッタが上場承認。

10月15日、ドリームインキュベータは投資先である、株式会社ロゼッタ(東京都中央区築地・代表取締役 五石 順一)が、10月15日に東京証券取引所マザーズ市場への上場を承認されたことを発表した。

株式会社ロゼッタは、「我が国を言語的ハンディキャップの呪縛から解放する」というミッションを掲げ、2004年に創業。インターネット上の膨大な情報を言語のビッグデータとして統計解析を行うことを原理としたAI(人工知能)型の機械翻訳(MT: Machine Translation)を研究開発しており、自動翻訳サービス「熟考」を インターネットを通じ顧客に提供するサービス型ソフトウェア(SaaS: Software as a Service) として販売している。売上は 14.0億円、経常利益は 1.3億円 (2015年2月期連結実績) となっており、当社の保有株式数は134,500株(シェア7.2%ということだ。

投資事業は順調に成長
ドリームインキュベーターは2015年3月期決算において、133億円の売上高のうち、営業投資事業の売上が36億円となり、プロフェッショナルサービス事業の25億円を上回る結果となっている。営業投資事業の売上が全体の27.5%を占めるまでに成長。前年比で263%の成長となった。以下、2015年3月期連結P/Lより抜粋した、ドリームインキュベータの決算である。

戦略コンサルティングをベースに、ビジネスプロデュースを提唱
ドリームインキュベータは、戦略コンサルティングをベースとしつつも、ビジネス環境の変化を捉え、産業を越えた視野・発想で企業や政府と連携しながら事業、産業の創出を目指す「プロデュース」に特徴がある。 同社が提唱する「ビジネスプロデュース」は、戦略を提言し、その実行は顧客企業に委ねる従来の戦略コンサルティングとは異なり、ビジネスを産業レベル・事業レベルで創造していくことである。今年5月には『3000億円の事業を生み出す「ビジネスプロデュース」(著者:三宅 孝之氏、島崎 崇氏)』を発刊。社内には戦略コンサルタント以外に「技術専門家、政策専門家、法務専門家、公認会計士、インベストメントバンカーなど、様々な分野のプロフェショナル(同社ではビジネスプロデューサーと呼ぶ)を擁している」ということだ。

詳しくは以下のプレスリリースをご覧ください。
http://www.dreamincubator.co.jp/ir_news/28047.html

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ