コンサル業界ニュース

2017.07.17 Empag齋藤祐介氏(ATカーニー出身)

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

コンサルティングファームからの起業家
コンサルグファームを卒業後に「起業」にチャレンジしている人は多い。
本特集「コンサルティングファームを経た起業家たち」では、コンサル出身の起業家を詳細に紹介します

→特集トップページへはこちらをクリックしてください
 

齋藤祐介氏のプロフィール

学生起業、外資系コンサルを経て海外で起業


Empag齋藤祐介氏

Empag社共同設立者兼CEOの齋藤祐介氏は、東京大学大学院にて農学国際専攻を修了。修士論文ではアジア穀物市場の価格決定システムを分析する等、計量経済学を専門としている。

卒業後は、経営コンサルティングファームのA.T.カーニーに所属。2014年に元マッキンゼーの石崎優氏と共にタイにてEmpag社を設立。CEOに就任した。

また同氏は学生時代から、教育系スタートアップmana.boの設立や、インドインテリア輸出業者の日本市場開拓責任者を務める等の経歴を持つ。

出典:同社WEBサイト http://jp.empag.sg/

Empag社のサービス

アジア諸国の重要産業、農産業でイノベーションを

Empag社は「世界的に重要な役割を果たす農業・食という領域で、イノベーションを生み出し、その発展に貢献する」というミッションの下、未だ非効率な作業を強いられる発展途上国の農業分野において、技術の発展と普及を目指す。

同社は、タイにおいて消費者と生産者をつなぐ農産品の販売チャネル構築事業を展開。同事業では、一般消費者を対象とした産直野菜デリバリーサービスの「EMFRESH」と、オフィス向けに新鮮で安全な野菜や果物を配送する「EMFRESH for Office」を展開している。「EMFRESH for Office」サービスには、クライアントCEOから職場の健康管理に対する意識が向上した等の声が寄せられている。さらに、アジア農業に関する情報を発信するメディア事業も展開。同事業では、「Agri In Asia」というウェブメディアを運用。例えば、農業分野へのビッグデータの活用や、世界諸国の政策等、農業に関するリアルタイムな情報をビジネス、マーケット、テクノロジー、政治の観点から伝える。

同社は、アジア全体における農産業の発展・拡大を目標に、技術を用いた農業の効率化や、食の安全性や適正な流通コスト実現による野菜消費文化の堅実な定着を目指す。

出典:「Agri In Asia」WEBサイト http://agrinasia.com/

事業拡大に向けての動き

タイから東南アジア全域へ。活動範囲の拡大目指す

Empag社は東証一部上場企業エス・エム・エスの創業者である諸藤周平氏がCEOをつとめるREAPRA(リープラ)グループの一社であり、同社の出資および支援を受けている。

現在はバンコクに拠点を置き、主にタイ国内で農業生産者と個人消費者・オフィスを結ぶ事業を行っている。今後は活動範囲を東南アジア全域に拡大し、長期的に複数の国で事業展開することで、世界を支える農業イノベーションの創出を目指す。

 

(2017年7月 コンサル業界ニュース編集部によるまとめ)

コンサルファームからの起業

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

ページの先頭へ