コンサル業界ニュース

2016.04.13 ノットワールド佐々木文人氏 BCG出身の起業家

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

コンサルティングファームからの起業家
コンサルグファームを卒業後に「起業」にチャレンジしている人は多い。
本特集「コンサルティングファームを経た起業家たち」では、コンサル出身の起業家を詳細に紹介します

→特集トップページへはこちらをクリックしてください
 

佐々木文人氏のプロフィール

事業会社、BCGでのコンサル経験、世界一周新婚旅行を経て起業

ノットワールド代表取締役の佐々木文人氏。媛県松山市生まれの神奈川県横浜市育ち。東京大学経済学部を専攻。卒業後、株式会社損害保険ジャパンへ入社。その後、戦略コンサルティングファームのボストン・コンサルティング・グループ(BCG)へ入社。4年間のBCG在職中に、新規事業開発・営業改革のプロジェクトに従事し、クライアント企業の売上拡大・業務効率化に貢献した。

結婚後ボストン・コンサルティング・グループを退職し、1年間の世界一周新婚旅行へ。インド・ネパール・オーストラリア・北中南米・ヨーロッパ・中東等36の国と地域を周遊。

帰国後、中学時代からの友人で、電通新聞局で新聞社資産活用による新規事業・キャンペーンの企画・実施の経験を持つ河野有氏と、2014年2月に株式会社ノットワールド(以下ノットワールド)を設立。

ノットワールド社のサービス

旅にスパイスを。旅を通して関わる全ての人の人生を豊かに

佐々木氏が設立した株式会社ノットワールドは、来日する外国人観光客をターゲットとした観光促進事業が主軸。Japan Wonder Travelという国内観光ツアーの販売サイト運営や、Tokyo FooDrink Tourという食べ歩きのツアーを自社企画・実施している。その他にも、他社のインバウンドビジネスに対するコンサルティング事業等も展開。

「旅にスパイスを」という企業理念のもと、通常の旅に+αの付加価値・接点を加えることで、旅行者、住民、地域・社会、及びそこで働く人々の幸せを実現したいという。「国境を越えた結び目(KNOT)を創出し、みんなの人生を豊かにする」ことをミッションに、ノットワールドを「結び目」にして、ツアー参加者を含め関わる全ての人たちの人生を豊かにしていくことを自社の役割とする。

自社企画であるTokyo FooDrink Tourは、2015年1月に催行後、同年4月度には100名の外国人旅行客が参加。大手旅行口コミサイトTripadvisorにて、「とても良い」評価が同年5月に40件、8月に100件を達成。同年10月の時点では東京100アクティビティ中3位を獲得するほどの人気を誇る。

事業拡大に向けての動き

注目のスタートアップ企業、今後の事業拡大を目指す

ノットワールドは2014年に設立して以来、同年6月には「産経新聞」、デジタルブック「JAPLAN」に次々と取り上げられるなど、注目を集めている。創業2年目で社員は3名、ツアーの運営では20名ほどの通訳案内士とチームを組んでサービスを提供しているとのことだ。複数事業を運営しながら、今後は「日本のあちこち」に旅行者が旅することができるよう、活動領域をさらに広げていく方針とのこと。

さらに、将来的な宿泊事業への参入も視野に入れており、都内で外国人が安価で宿泊できる空間の創出を今後の取り組みのひとつとしている。

 

(2016年4月 コンサル業界ニュース編集部によるまとめ)

コンサルファームからの起業

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

ページの先頭へ