コンサル業界ニュース

2017.06.12 オーマイグラス 清川忠康氏(経営共創基盤出身)

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

コンサルティングファームからの起業家
コンサルグファームを卒業後に「起業」にチャレンジしている人は多い。
本特集「コンサルティングファームを経た起業家たち」では、コンサル出身の起業家を詳細に紹介します

→特集トップページへはこちらをクリックしてください
 

清川忠康氏のプロフィール

元コンサルタントが留学時代の思いを胸に起業


オーマイグラス社 清川忠康氏

オーマイグラス代表取締役社長の清川忠康氏は、UBS証券と経営共創基盤での就業を経て、スタンフォード大学経営大学院に留学。在学中に米中のスタートアップ企業の経営に関わり、2年次在学中にオーマイグラス社の前身となる株式会社ミスタータディを創業し代表取締役に就任する。

留学中に世界中から来たクラスメートに、日本製品の質や信頼性について褒められたことが、日本品質のメガネを世界に届けるオーマイグラス社に繋がっているという。また、同氏は2013年に「スタンフォードの未来を創造する(授業総合法令出版)」を出版する等、執筆活動も行う。

 

出典:同社WEBサイト・会社紹介ページ https://www.ohmyglasses.co.jp/company/

オーマイグラス社のサービス

ITで実現。日本品質のメガネを世界へ発信

清川忠康氏が代表取締役社長を務めるオーマイグラス株式会社は、日本最大級のメガネ・サングラスの通販サイト「Oh My Glasses TOKYO」を運営する。日本製の商品からレイバンやシャネル、グッチといった世界的なブランドまで2万点を超えるメガネ・サングラスを取り揃える。同サイトではユーザーが本当に自分に合ったメガネを見つけることが出来るよう、試着サービスを実施。ウェブ上で選んだ最大5本のメガネが自宅に送られ、5日間無料で試着することができる。

同社は直営店舗も展開しており、オンライン取扱い商品を直営店に発送し、ショップスタッフへの相談や視力測定を受けながらフレームを試着することも可能。直営店舗に加え全国600社の提携店舗ではアフターサポートも提供している。

また、自社のプライベートブランドの「TYPE」と「Oh My Glasses TOKYO」を展開。企画開発から製造販売まで一貫して行う。この自社ブランドの商品は、メガネの街として100余年の歴史を誇る福井県鯖江市の職人が、ひとつずつ丁寧に製造。日本品質のメガネを世界へ発信している。「TYPE」は、文字の書体からインスピレーションを受けたフレームが特徴のデザイン。文書によるコミュニケーションで、書体のデザインがメッセージの伝わり方を変えるように、眼鏡のフレームのデザインがかける人の印象に変化をもたらすことをコンセプトとしている。

 

出典:同社WEBサイトhttps://www.ohmyglasses.jp/

資金調達状況・事業拡大に向けての動き

店舗拡大及び、資金調達の動き

2017年3月に「Oh My Glasses TOKYO(オーマイグラス 東京) 柏の葉T-SITE店」及び、「Oh My Glasses TOKYO(オーマイグラス 東京) 津田沼パルコ店」を出店。
この出店に合わせて、ちばぎんキャピタル株式会社が運用する「ひまわりG2号投資事業有限責任組合」から資金調達を実施した。

 

(2017年6月 コンサル業界ニュース編集部によるまとめ)

コンサルファームからの起業

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

ページの先頭へ