コンサル業界ニュース

2016.04.21 ギフティ太田睦氏(アクセンチュア出身)

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

コンサルティングファームからの起業家
コンサルグファームを卒業後に「起業」にチャレンジしている人は多い。
本特集「コンサルティングファームを経た起業家たち」では、コンサル出身の起業家を詳細に紹介します

→特集トップページへはこちらをクリックしてください
 

太田睦氏のプロフィール

元アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズを経て起業へ

ギフティ太田睦
ギフティ太田睦氏

ギフティ代表取締役の太田睦氏は、慶應義塾大総合政策学部を卒業後、アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ(現在はアクセンチュアに統合)に入社。同社で官公庁プロジェクトのシステム開発などに従事し、2年半のコンサル経験を積み退社した。同じくアクセンチュアでのコンサル経験をもつ仲間2名とともに、2010年に株式会社ギフティ(以下ギフティ)を創業。

 

出典:同社WEBサイト https://giftee.co.jp/

ギフティ社のサービス

ソーシャルサービスで実現。「ありがとうと一緒に、気軽なギフトを」

太田睦氏が設立したギフティ社は、SNSを用いたソーシャルギフトサービスを提供するウェブサイト「ギフティ」を運営。利用者は、同ウェブサイト上から気に入った商品をクリック。プレゼントを贈りたい相手に向けたメッセージを書き込んで決済手続きをすると、URLが発行される。そのURLをフェイスブック、ツイッターなどのSNSやLINE、メールから送信。相手は受信したURLをクリックするとメッセージ付きのギフトカードが受け取れる。クリックした際に表示されたバーコードを店舗で提示することで商品と交換できるという仕組みだ。

気軽にギフトを贈れるよう、商品価格は100円からと手の届きやすい価格帯となっており、平均販売額は600円程度という。現在、142の商品やサービスを取り扱っており、コンビニエンスストアの「ファミリーマート」や「ローソン」、「ミニストップ」、カフェチェーンの「スターバックス」や「アフタヌーンティーティールーム」、女性用下着販売の「ピーチ・ジョン」など大手企業の商品も対象となっている。一方で、地域のカフェなどローカル企業とも提携しており、97の商品はそのようなローカル企業の商品という。

創業当初の加盟店は東京のみであったが、現在は神奈川、千葉、京都、名古屋、三重、岐阜などに拡大している。扱うジャンルはドリンクやスイーツなどが中心だが、マッサージ店「ラフィネ」のサービスチケット、ホテル・レストランの予約サイト「一休.com」「一休.comレストラン」や電子書籍サイト「eBook Japan」で使える割引券などの“変わり種”もある。

資金調達状況・事業拡大に向けての動き

第三者割当増資と転換社債による資金調達。新たにBtoBサービスも開始

ギフティ社はこれまで、KDDI、サンブリッジグローバルベンチャーズ、デジタルガレージ、カカクコム、ネットプライス、インスパイア、エンジェル投資家から、第三者割当増資と転換社債によって資金を調達。

会員数は2011年度に4600人ほどだったが、同社ホームページでは2015年12月現在で40万人以上、また加盟店は2万5千店を超えるほどの規模に成長。また、同社は新たな試みとして、ソーシャルギフトの販売システムを企業向けに提供する「e-Gift System」を2014年に開始。2015年10月にはインターネット上で年賀状を作成・投函できるサービス「ウェブポ」と提携し、年賀状にファミリーマートやミニストップの商品と交換できるQRコードを付けて送ることができるサービスを始めた。さらに、12月4日にはiPhoneアプリをリリースするなど、事業の深化・拡大を続けている。

 

(2016年4月 コンサル業界ニュース編集部によるまとめ)

コンサルファームからの起業

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

ページの先頭へ