コンサル業界ニュース

2016.11.06 ベイン・アンド・カンパニー(Bain & Company)の概要

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

特徴

  • ベイン・アンド・カンパニーは世界三大戦略コンサルティングファーム(Big Three)の1社として知られる、世界的戦略コンサルティングファーム。
  • 「確実な結果を出すエキスパート集団 」として、結果主義という理念のもと革新的な戦略コンサルティングサービスの在り方を実現している。
  • 結果主義の理念は、同社のカルチャーの核心となっており、社内コンサルタント全員に対し「クライアントに変革をもたらす」という目標を掲げている。
  • 様々な企業規模や属性の顧客に対し幅広くコンサルティングサービスを提供しており、プライベート・エクイティや非営利団体に対する戦略コンサルティングも展開。
  • 出典:同社WEBサイト
     

展開サービス領域

  • 世界34ヶ国に及ぶグローバルネットワークの中で蓄積された、各種業界に特化した経験「業界別プラクティス」と主要経営テーマでの経験「機能別プラクティス」により、幅広い視野でのコンサルティングサービスを提供。
  • 「業界別プラクティス」では、航空&運輸、消費財、金融、ヘルスケア、産業財&サービス、メディア、金属&鉱業、石油&ガス、プライベート・エクイティ、小売、公的機関、ハイテク、通信、公益事業&代替エネルギーの各業界でサービスを展開。「機能別プラクティス」では、戦略、業績改善、プライベート・エクイティ、顧客戦略&マーケティング、サステイナビリティ、組織、M&A、IT、Results Deliveryの各機能に関するサービスを展開。
  • また同社の顧客企業は、大企業からベンチャー企業まで、グローバル企業から日本の企業まで、プライベート・エクイティから公共機関までと多岐に渡る。特にプライベート・エクイティに対する戦略コンサルティングにおいてはパイオニア的存在である。
  • 各種非営利団体への無償コンサルティング支援を行う社会貢献活動「プロボノ(Pro bono)」も展開している。
  • 出典:同社WEBサイト・サービス紹介ページ
     

組織・事業規模

  • ベイン・アンド・カンパニー(Bain & Company, Inc.)は、米国ボストンの本社を始め、現在世界34ヶ国に53拠点のネットワークを展開し、社員約6000人を雇用(2016年現在)。日本ではベイン・アンド・カンパニー・ジャパン(Bain & Company Japan, Inc.)が、東京都丸の内の東京オフィスを拠点に事業を展開。
  • 世界三大戦略コンサルティングファーム(Big Tree)の一社であり、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループに次ぐ約20億ドル(2016年現在)の収益規模を誇る。過去には5,000以上のプロジェクト実績を持つ。
  • 関連企業には、プライベート・エクイティ・ファンドのベインキャピタル(Bain Capital)や、非営利団体に対する戦略コンサルティングに特化したブリッジスパングループ(The Bridgespan Group)等がある。
  • 出典:同社WEBサイト・会社概要ページ
     

歴史

  • 1973年、ビル・ベインにより米国ボストンに設立。戦略案の提供という従来の戦略コンサルティングサービスの在り方ではなく、クライアントに対する実益・結果にこだわる革新的なミッション(”Results, not reports”)のもと設立。
  • 1981年に東京オフィス(Bain & Company Japan, Inc.)を設立。
  • 1984年、ビル・ベインらによりプライベート・エクイティ・ファンドのベインキャピタル(Bain Capital)が設立。ベイン・アンド・カンパニーの結果主義のアプローチを基盤にプライベート・エクイティ市場に参入。
    (但し、ベインキャピタルは、ベイン・アンド・カンパニーとは完全な別会社という位置づけにあり内部情報の共有等はない。)
  • 2000年、ブリッジスパングループ(The Brigespan Group)を設立。同社の非営利団体に対する社会貢献活動の拡大・独立の形で設立され、比較的安価なコンサルティングフィー設定により、非営利団体も営利事業を展開する組織・企業と同等のコンサルティングサービスを受けられる環境を提供。
  • 出典:同社WEBサイト・沿革ページ Bain Capital社WEBサイト The Bridgespan Group社WEBサイト 
     

人材育成プログラム

  • 社員に向けた教育プログラム「グローバル・トレーニング・プログラム」を通じ、グローバルかつ実践的な学びの場が設けられている。また、同社のオンライン・トレーニング「Bain Virtual University」は、The Corporate University Awardsを受賞する等、外部からもその完成度の高さを評価されている。
  • さらに、海外オフィスにて一定期間の就業経験を積むことができるトランスファー制度を導入している。過去数年間の実績では、コンサルタントの約25~30%がトランスファー制度を活用した海外での成長機会を得ている。同制度の期間は6カ月程度の短期間を始め、長期トランスファーやプロジェクト単位でのトランスファー等がある。
  • 出典:同社WEBサイト・トレーニングページ
     

キャリアパス

  • 同社でのキャリアは、アソシエイトコンサルタント、シニアアソシエイトコンサルタント、コンサルタント、ケースチームリーダー、マネージャー、パートナーから構成。
  • 「顧客企業に対する付加価値」、「顧客企業とのリレーションシップ」、「チームへの貢献」の3つの各カテゴリーに対し定められた全世界共通の明確な基準にしたがい、各人の経験、スキル、実績が評価される。
  • 新卒採用や実務経験5年以下の中途採用ではアソシエイトコンサルタントから、ビジネススクール在籍者や実務経験5年以上(コンサルティング業界シニアレベル経験者を除く)の中途採用ではコンサルタントからの採用ポジションを前提としている。
  • 出典:同社WEBサイト・キャリアパスページ
     

ベイン・アンド・カンパニー出身の起業家(※設立年順)

 
 
特集ぺージで、その他の「コンサルファーム出身の起業家」を見る

 
ベイン・アンド・カンパニー関連のニュース

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

ページの先頭へ