コンサル業界ニュース

2016.11.06 ボストン・コンサルティング・グループ(Boston Consulting Group)の概要

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

特徴

  • ボストン・コンサルティング・グループは、世界三大戦略コンサルティングファーム(Big Three)の一社であり、マッキンゼー・アンド・カンパニー等を競合とする世界的戦略コンサルティングファームである。
  • コンサルティングを超えたトランスフォーメーション(構造変革)のパートナーとなることを掲げる。変化が激しい今日のビジネス環境下で、クライアントと共に根本的な考え方の変革からビジネスの再考を行うことで、将来に向けた課題解決へ導く。
  • 同社は、持続的なトランスフォーメーションを推進する最良のパートナーであるために、PURPOSEコンサルティングの先駆者であるブライトハウス(BrightHouse, LLC.)や、デジタルを核に新しい価値を生み出すBCGデジタルベンチャーズ(BCG Digital Ventures)等の高い専門性を持つグループ企業と連動した組織体系を築いている。
  • 出典:同社WEBサイト
     

展開サービス領域

  • 「産業別」×「テーマ別」の専門分野でコンサルティングサービスを展開。「産業別」では自動車、医薬品、消費財、教育、エネルギー・環境、エンジニアリング・インフラ構築・産業機械、金融、医療機関・保険者、保険、メディア・エンターテイメント、医療機器、鉱山・金属、プライベートエクイティ、プロセス産業・建設材料、パブリック・セクター、流通、テクノロジー、通信、運輸・旅行・交通と多岐に渡る産業領域を展開。
  • 「テーマ別」ではビッグデータ、チェンジマネジメント、コーポレート・ディベロップメント、グローバリゼーション(新興国)、成長、イノベーション・製品開発、リーンマニュファクチュアリング、マーケティング・セールス、M&A・事業売却、オペレーション、組織・人材、PMI(M&A後のマネジメント・統合)、プライシング、調達、スマートシンプリシティ、戦略、サステイナビリティ(持続可能性)、デジタルテクノロジー、トランスフォーメーションの幅広いテーマで事業を展開。
  • また、各領域のシニアエキスパートで構成されるチーム(研究センター)を持ち、専門的なリサーチ・分析から新しいビジネスアイディアを提供している。研究センターは、顧客インサイト・センター、エネルギー・インパクト研究センター、ヘルスケア・バリュー・センター、デジタル・トランスフォーメーション・アクセルレーター、バリュー・サイエンス・センターから構成。
  • 出典:同社WEBサイト
     

組織・事業規模

  • ボストン・コンサルティング・グループ(The Boston Consulting Group)は、米国ボストンに本社を置き、世界48か国80以上の拠点を展開。世界三大戦略コンサルティングファームの一社であり、約12,000名の社員を雇用、約50億ドルの収益を上げる(2017年現在)。世界的企業上位500社の3分の2が同社のクライアントと言われている。
  • 日本では1966年に設立された東京オフィス(東京都千代田区)に加え、中部・関西オフィス(愛知県名古屋市)の2拠点で事業を展開。
  • 既存のコンサルティング業務を超えた付加価値提供のため、2014年に、デジタルを核とした事業アイディアやプラットフォームを企業と共に開発・展開するBCGデジタルベンチャーズを設立。2015年には、企業や組織の根本的な存在意義を定義し、変革や価値創造を加速する手法「PORPOSEコンサルティング」の先駆者であるブライトハウス社を買収。組織能力の向上を図っている。
  • さらには、新たなビジネスアイディアの研究・解釈を推進する「BCGブルース・ヘンダーソン研究所(BHI)」を設立。BHIは新たな競争優位性の源泉発掘をサポートする「ストラテジー・ラボ」と、各領域のエキスパートが専門分野における新しいアイディアを開発する「BCGフェロー」、マクロ経済の主要トピックに関する研究を行う「マクロ経済センター」の3機関が連携し研究を進めている。
  • 出典:同社WEBサイト・会社概要ページ BCGデジタルベンチャーズ社WEBサイト ブライトハウス社WEBサイト BCGブルース・ヘンダーソン研究所WEBサイト
     

歴史

  • 1963年にブルース・ヘンダーソンにより設立。米国ボストンに本社を置く。
  • 1966年東京オフィスを設立。1970年代には独ミュンヘン、仏パリ、英ロンドンなど世界9ヶ所に拠点を展開。
  • 1990年代には、世界21拠点を展開し約1,300名を雇用。約2億ドルの収益を達成。
  • 2000年代にも継続的な成長を続け、世界80以上の拠点で約12,000名の社員を雇用する現在のボストン・コンサルティング・グループに至る。
  • 2014年、BCGデジタルベンチャーズを設立。
  • 2015年、ブライトハウス社を買収。
  • 出典:同社WEBサイト・沿革ページ
     

キャリアパス

  • 同社でのキャリアには、「Consulting」と「Knowledge & Analytics」がある。Consultingでのキャリアには、クライアントのビジネス課題に対するコンサルティング業務を行うTraditional Trackと、特定の分野や業界に関する専門知識を駆使するExpert Trackの二種類のキャリアがある。
  • 一方、Knowledge & Analyticsチームでは、各トピックやセクターのエキスパート、データサイエンティスト、リサーチの第一人者などから成るグローバルチームの一員としてキャリアを積む。
  • 出典:同社WEBサイト・キャリアページ
     

アラムナイネットワーク

  • 同社を退職したアラムナイ(卒業生)を対象としたアラムナイネットワークには、世界約18,000名のアラムナイが属する。
  • 同社アラムナイ限定のウェブサイトやニュースレター、ソーシャルメディアグループ等を通じたグローバルな情報共有を始め、毎年世界約70都市で開催されるイベントを通じたネットワーク構築など、アラムナイ同士の交流の場が提供されている。
  • 出典:同社WEBサイト・アラムナイネットワークページ
     

ボストンコンサルティンググループ出身の起業家(※設立年順)

 
 
特集ぺージで、その他の「コンサルファーム出身の起業家」を見る

 
ボストンコンサルティンググループ関連のニュース

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

ページの先頭へ