コンサル業界ニュース

2017.01.22 PwCの概要

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

特徴

  • PwCは世界157カ国743都市に22万人を超えるスタッフを擁する大規模グローバル企業。
  • KPMG、デロイトトウシュトーマツ、EYと並び世界4大会計事務所の一社であり、主に監査、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、法務などの業務を展開。
  • 日本ではPwC Japanグループが事業を展開。コンサルティング事業は、同グループに属するPwCコンサルティング合同会社が行っており、経営戦略の策定から実行までの総合的なコンサルティングサービスを提供。
  • 出典:PwC JapanグループWEBサイト
     

展開サービス領域(コンサルティング事業)

  • PwCコンサルティングは、主にストラテジー、マネジメント、テクノロジー、リスクなどの分野でコンサルティングサービスを提供している。
  • ストラテジー領域は、2014年にブーズ・アンド・カンパニーとの統合で立ち上がったStrategy&が事業を展開。全社・事業戦略からファイナンスやオペレーション等の戦略を提供。
  • マネジメントコンサルティングの領域では、PMIやオペレーション、人事・チェンジマネジメント等のサービスを提供。
  • テクノロジー領域では、テクノロジーに関するアドバイザリーやビジネスへのアプリケーション、サイバーセキュリティ・プライバシー、データ・アナリティクス等のサービスを提供。
  • リスクコンサルティングでは、ガバナンス・リスク・コンプライアンス等に関するサービスを提供。
  • 出典:PwCコンサルティング合同会社WEBサイト Strategy& WEBサイト
     

組織・事業規模

  • PwCは、世界157カ国743都市に22万人を超えるスタッフを擁する。2016年には米フォーチュン誌にランクインした売上上位500社(Fortune Global 500)の内422社にサービスを提供し、36億米ドルの粗利益(gross revenue)を上げた。
  • 日本では、PwCグローバルネットワークのメンバーファームとしてPwC Japanグループが事業を展開。監査、税務、法務、コンサルティング等、多岐に渡る領域に専門性を有し、公認会計士や税理士、弁護士を始めとする各領域のプロフェッショナル5,500名以上が所属する。
  • PwC Japanグループは各領域に専門性を持つ多数の法人から成り、PwCあらた有限責任監査法人、PwC税理士法人、PwC監査法人、PwCコンサルティング合同会社やシンクタンクのPwC総合研究所合同会社などがある。
  • 出典:PwCグローバルWEBサイト・概要ページ PwC JapanグループWEBサイト・概要ページ
     

歴史

  • 1998年、プライス・ウオーターハウスとクーパース&ライブランドが合併し、プライスウォーターハウスクーパースを組成。合併した2社は各々1949年と1854年から事業を開始し約150年の歴史を持つ。
  • 1999年、東京都中央区に本社を置くプライスウォーターハウスクーパース株式会社(PricewaterhouseCoopers Co., Ltd.)を設立。2016年の組織再編成でPwCコンサルティング合同会社となる。
  • 1999年、東京都中央区に環境・CSR領域を中心としたサステナビリティ分野を専門とするPwCサステナビリティ合同会社を設立。
  • 1999年、東京都千代田区にPwC税理士法人を設立。
  • 1999年、東京都中央区にPwCアドバイザリー合同会社を設立。
  • 2006年、東京都中央区にあらた監査法人を設立。(日本におけるPwCグループのメンバーファームとして設立)
  • 2014年、東京都千代田区にPwC弁護士法人を設立。
  • 2014年、ブーズ・アンド・カンパニーと経営統合を行い、新たなコンサルティング会社としてStrategy&を設立。2016年からPwCコンサルティング合同会社のストラテジーコンサルティングを担うチームとして機能。
  • 2015年、東京都中央区にPwCビジネスアシュアランス合同会社を設立。
  • 2015年、東京都中央区にサイバーセキュリティに関するサービスを提供するPwCサイバーサービス合同会社を設立。
  • 出典:PwCグローバルWEBサイト・沿革ページ
     

PwC出身の起業家(※設立年順)

 
 
特集ぺージで、その他の「コンサルファーム出身の起業家」を見る

 
PwC関連のニュース

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

ページの先頭へ