コンサル業界ニュース

2017.01.08 プレイライフ佐藤太一氏(アクセンチュア出身)

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

コンサルティングファームからの起業家
コンサルグファームを卒業後に「起業」にチャレンジしている人は多い。
本特集「コンサルティングファームを経た起業家たち」では、コンサル出身の起業家を詳細に紹介します

→特集トップページへはこちらをクリックしてください
 

佐藤太一氏のプロフィール

コンサル時代の苦労と経験をもとに起業


プレイライフ佐藤太一氏

プレイライフ株式会社の代表取締役CEOを務める佐藤太一氏は、青山学院大学卒業、早稲田大学大学院修了。外資系コンサルティングファームや株式会社DeNAの経営企画本部に参画。その後、アクセンチュア株式会社の経営コンサルティング本部で経験を重ね、2013年にプレイライフ株式会社を創業、代表取締役に就任。

同氏は、自身が長時間労働による過労で体調を崩したことを機に「人生の幸せは心の底から思いっきり遊ぶこと」と考えるようになり、遊びの思い出を共有できる実名型の投稿サイト「PLAYLIFE」の運営を始めたという。

出典:同社WEBサイト http://playlife.co.jp/

プレイライフ株式会社のサービス

遊びの実体験を共有。新しいキュレーションサービスの提供

佐藤太一氏の設立したプレイライフ株式会社は、「遊びの体験を共有する」PLAYLIFEというウェブサイトを運営。同サイトでは他のキュレーションサイトと異なり、投稿者が実際に体験した「遊び」の記録を実名で記録していること。さらに、読者が同じ体験をできるように、遊びの目的をはじめ場所や予算といった一連の細かい情報も「遊びのプラン」として記載する仕組みとなっている。

現在、PLAYLIFEを運営しているのは大手IT企業の出身者や現役社員、学生インターン、ブロガーなどで構成される約100名のスタッフ。これらのメンバーは「遊びのプロ」「遊びのコンシェルジュ」「遊びのプランナー」として自分自身の体験を元に、具体的なターゲット読者を設定して記事を作成。デートプランを探している人や遊びの幹事をする人の課題を実際に解決できるプランを提案している。

同サイトは、日本全国から10,000件を超える「遊びのプラン」が投稿されており、ページビューも毎月数百万件に上るなど注目を集めている。

 


「PLAYLIFE」Webページ例

 

出典:同社WEBサイト http://play-life.jp/

資金調達・事業拡大に向けての動き

増資によるサービスの拡充を目指す

プレイライフ株式会社は2015年10月に、COENT VENTURE PARTNERS PTE. LTD.および個人投資家への第三者割当増資を実施。これにより総額約6000万円の資金調達を達成している。資金の使途は人材採用と記事製作の強化で、最終的にはコミュニケーションプラットフォームや予約システム、アプリの製作やPLAYLIFEサービスの多言語化を目指すとしている。

 

(2017年1月 コンサル業界ニュース編集部によるまとめ)

コンサルファームからの起業

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

ページの先頭へ