投稿一覧 |

コンサル業界ニュース

Article

関西電力とアクセンチュア、合弁会社「K4 Digital」を設立

8月1日、関西電力株式会社とアクセンチュア株式会社はデータアナリティクスや人工知能(AI)、 IoTなどのデジタル技術を活用し、 既存事業の変革支援と新規事業の創出などを目的とした合弁会社「株式会社K4 Digital(ケイフォー デジタル)」を設立した。

2018.08.03

KPMGコンサル、慶應SFCで eSportsマネジメント人材育成を目指した講座を開設

KPMGコンサルティング株式会社は、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)でeSportsマネジメント人材の育成および先進テクノロジーの解析手法のeSportsへの活用などに関する寄附講座「eSports論」を開講する。

2018.08.02

製造業支援コンサルのO2が2.5億円を調達。AIによる技能伝承の事業加速

株式会社O2は総額約2.5億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

2018.07.31

ブーズ出身の佐谷進氏が創業した成果報酬型コンサルのプロレド・パートナーズがマザーズ上場

株式会社プロレド・パートナーズは7月27日、東京証券取引所マザーズに上場した。プロレド・パートナーズの上場初日の初値は7,170円で公開価格4,250円を68.7%上回った。前場を終えた時点でさらに株価は上昇し7,950円となっている。

2018.07.27

アクセンチュア出身の高橋信也氏が創業したマネジメントソリューションズがマザーズ上場

株式会社マネジメントソリューションズは7月23日、東京証券取引所マザーズに上場した。マネジメントソリューションズは2005年にアクセンチュア出身の高橋信也氏が創業。企業の手掛けるプロジェクトに対する、マネジメント支援サービスの提供が主な事業だ。

2018.07.23

デロイト トーマツ、アジアパシフィック地域での展開を加速。3年間で3億円の戦略投資

デロイト トーマツ グループは7月13日、アジアパシフィック地域のデロイトの他のメンバーファームと共に、新たにDeloitte Asia Pacific(デロイト アジア パシフィック 以下、デロイトAP)を設立すると発表した。

2018.07.17

DTCが「マーケティング&リテーリングROI最適化ソリューション」を本格展開

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は7月9日、広告宣伝や販売促進などマーケティング施策の投資対効果(ROI)を可視化し、短期の利益獲得、中長期のブランド育成を実現する「マーケティング&リテーリングROI最適化ソリューション」の提供を本格的に開始すると発表した。

2018.07.13

アビーム、サイバーセキュリティを支援するソリューション「ABeam Security」提供開始

アビームコンサルティング株式会社は7月6日、企業におけるサイバーセキュリティ対策の支援をさらに強化するため、「ABeam Security」のソリューション提供を開始すると発表した。本ソリューションは、サイバーセキュリティに関連する戦略的なコンサルティングサービス、ソリューション提供、さらにはセキュリティインシデントへの対応や復旧支援など企業のセキュリティ強化・対策を統合的に支援するもの。

2018.07.12

シグマクシス、創業10年を機にロゴ・企業理念を一新

7月2日、シグマクシスは、コーポレートアイデンティティー(企業理念およびブランドロゴ等ビジュアルアイデンティティー)を刷新した。

2018.07.05

デロイトが「モニター デロイト」ブランドによる戦略コンサルサービスを日本で開始

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、2018年6月20日から「モニター デロイト」ブランドによる戦略コンサルティングサービスを展開する。

2018.06.21

1 / 851234...最後 »

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ