コンサル業界ニュース

2016.12.06 株式会社リプロセル 横山周史氏(マッキンゼー出身)

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

コンサルティングファームからの起業家
コンサルグファームを卒業後に「起業」にチャレンジしている人は多い。
本特集「コンサルティングファームを経た起業家たち」では、コンサル出身の起業家を詳細に紹介します

→特集トップページへはこちらをクリックしてください
 

横山周史氏のプロフィール

マッキンゼーから事業会社を経て経営者へ

リプロセル代表取締役社長の横山周史氏は、大阪府出身。東京大学工学部を経て、1996年同大学院にて工学博士号を取得。在学中は米国短期留学を経験し、卒業後はマッキンゼーアンドカンパニーに入社。

その後、事業会社を経験したいと考え、1997年にスリーエムジャパンに転職。新規ビジネスのプロジェクトマネージャーとして7年間ほど勤務した後、案件単位ではなく経営目線で仕事をしたいと考え、2004年株式会社リプロセルに取締役として入社。翌2005年には代表取締役社長に就任。

出典:同社WEBサイトhttps://www.reprocell.com/

リプロセル社のサービス

ノーベル賞で注目が集まるiPS細胞を事業化。世界のパイオニア企業

横山周史氏が代表を務める株式会社リプロセルは、iPS細胞技術を基盤として、研究試薬、創薬支援、臨床検査などの分野で事業を展開。設立時には、京都大学の中辻憲夫教授、東京大学の中内啓光教授がファウンダーとなった。いずれも幹細胞研究の世界的権威で、iPSに加えiPS細胞の前身研究と言えるES細胞研究からのトップランナー。同社はiPS細胞の発明(2006年/京都大学山中伸弥教授による)以前からES細胞を専門的に研究。その技術や知見をiPS細胞へ応用している。

2009年には、世界で初めてヒトiPS細胞から作成した心筋細胞の製品化に成功。さらに神経細胞や肝細胞、アルツハイマーなどの疾病モデル細胞を続々と開発し、これらを世界初めて製造販売。2016年には、尿からiPS細胞を作製する技術のサービス化に成功。従来の採取法と比較し、大幅な負担軽減を実現した。

iPS細胞は「再生医療への利用」が注目されるが、実際は「創薬での活用」が先行して始まっている。iPS細胞を活用して医薬候補物質の安全性・有効性を検証できれば、動物実験や患者に直接投与して経過を見るより、安全に素早く低コストで結果を確認でき、創薬期間の短縮、医薬品候補物質の見極めに大いに役立つという。同社は「試薬、創薬支援で培った技術をベースに再生医療に参入する」ことを最終目標とする。

 

https://www.reprocell.com/

資金調達状況・事業拡大に向けての動き

ジャスダックに上場。M&Aによる技術力強化やグローバル展開を目指す

リプロセル社は2013年にジャスダック上場。事業収益化のために注力してきた試薬や創薬向けの技術提供などのビジネスに加え、今後は同社が最重要領域とする「再生医療」参入に向けた取り組みの活発化を目指す。

2014年以降、同社は米国企業2社、英国企業2社を立て続けに買収し、技術力強化により新製品開発に注力。日・米・欧の3拠点でのローカル営業網の更なる強化や、中国・インドを中心とするアジア市場での営業に注力し、全世界的に拡大が見込めるiPS細胞市場でグローバル化を加速させるという。

また、同社は世界中のトップレベルの大学や公的研究機関とのネットワークを強みに、世界最先端の研究成果を活用した製品開発を推進。再生医療へのiPS細胞の応用により、治療法が確立していない病気の根治や予防、薬の副作用軽減などを目指す。

 

(2016年4月 コンサル業界ニュース編集部によるまとめ)

コンサルファームからの起業

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

ページの先頭へ