コンサル業界ニュース

2016.04.25 シンプレクス金子英樹氏(アクセンチュア出身)

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

コンサルティングファームからの起業家
コンサルグファームを卒業後に「起業」にチャレンジしている人は多い。
本特集「コンサルティングファームを経た起業家たち」では、コンサル出身の起業家を詳細に紹介します

→特集トップページへはこちらをクリックしてください
 

金子英樹氏のプロフィール

コンサルと証券会社を経験。システム及び金融の知見を基に起業

シンプレクス代表取締役社長の金子英樹氏は、1987年に一橋大法学部を卒業後、旧アーサー・アンダーセン(現アクセンチュア)に入社。1990年に同社を退社し、キャッツ・ジャパン東京オフィスの立上げに参画。キャッツはデリバティブなどの金融商品の売買システムを販売する金融ハイテクベンチャーである。翌年、デリバティブのリーディングカンパニーであるソロモン・ブラザーズ・アジア証券に入社。

アーサー・アンダーセンでのコンサル時代には、大手生命保険会社のシステムリニューアルに従事した。ソロモン・ブラザーズ・アジア証券では、システム部門で経験を積んだ後、デリバティブ・アナリシス部門バイスプレジデントに就任。それらの経験を活かし、1997年に株式会社シンプレクス・リスク・マネジメントを設立。同社は2000年に株式会社シンプレクス・テクノロジーに社名を変更。さらに、その後設立したホールディングスや連結子会社の合併に際し、2014年にシンプレクス株式会社(以下シンプレクス)へと社名を変更した。

シンプレクス社のサービス

一貫したサービス提供で実現。質の高い「金融×IT」ソリューション

金子英樹氏が設立したシンプレクス社は、大手金融機関をクライアントに、主にディーリング業務サポートのためのシステムを開発。ディーリングとは銀行や証券会社が自己資本を使って有価証券や為替の取引を行うことである。同社は6つの異なる領域で金融機関に向けたソリューションを提供しており、銀行ソリューションを始め、主力事業の証券(ホールセール)ソリューション、証券(リテール)ソリューション、FXソリューション、資産運用ソリューション、保険会社のマーケティング戦略支援を行う保険ソリューションまで多岐に渡る。

ディーリングシステムの開発は専門性が高く参入障壁が高いため、価格競争が起きづらいという。同社はシステム開発の外注を一切せず、自社でコンサルティング、システム開発、保守・運用、品質管理まで一貫して提供。それにより、クライアントの要望やトラブルにも柔軟、迅速に対応できる質の高いサービスを実現している。

同社は、2015年3月現在、グループ全体で社員650名、売上高は同月期で176億3400万に成長。また、同社が扱う債券ソリューションは大手証券8社で採用。リテール分野でも国内FX総取引量の約30%が同社のソリューションを使用した取引という。

 

資金調達状況・事業拡大に向けての動き

設立8年で東証一部上場。その後、積極的事業展開を視野に上場を廃止

同社は2002年にJASDAQ市場に上場し、2004年には東証二部に上場。さらに2005年には設立わずか8年で東証一部への上場を遂げた。

その後、2013年に東証一部上場を廃止。今後「グローバルトップ」を目指し海外事業にも注力するという同社は、業務変革や技術革新、組織再編などリスクを伴う積極的な事業展開を視野に入れていることが背景という。

 

(2016年4月 コンサル業界ニュース編集部によるまとめ)

コンサルファームからの起業

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

ページの先頭へ