コンサル業界ニュース

2016.04.25 (東京R不動産の運営会社の一つ)株式会社スピーク 林厚見氏(マッキンゼー出身)

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

コンサルティングファームからの起業家
コンサルグファームを卒業後に「起業」にチャレンジしている人は多い。
本特集「コンサルティングファームを経た起業家たち」では、コンサル出身の起業家を詳細に紹介します

→特集トップページへはこちらをクリックしてください
 

林厚見氏のプロフィール

マッキンゼーから不動産ディベロッパー、その後起業

「東京R不動産」サイトの運営会社の一つであるスピーク社の林厚見氏は、1971年東京生まれ。東京大学工学部建築学科(建築意匠専攻)を経て、マッキンゼー・アンド・カンパニーへ入社。3年半ほど大企業の経営戦略コンサルティングを中心に従事。

その後、コロンビア大学に留学し、同大学建築大学院の不動産開発科を修了。2001年に不動産のディベロッパー、スペースデザインに入社し、2002年には財務担当の取締役に就任。経営企画や資金調達に携わりつつ、開発案件のプロジェクト管理などにも従事。そして2004年、株式会社スピーク(以下スピーク)の共同設立に至る。

スピーク社のサービス

社会課題と事業課題を、空間と仕組みのデザインで解決する

林厚見氏が設立したスピーク社は、建築・不動産に関する企画・コンサルティングサービスの提供から、実際の設計・デザインまで手掛けている。また、不動産セレクトショップサイト「R不動産」や内装に関するプラットフォーム「R不動産toolbox」を運営。不動産仲介事業も展開する。また、地域再生プロデュースを目的に、過疎化地域でカフェ・宿を運営するなど人々が集う場所を創っている。

同社は「社会課題と事業課題を、空間と仕組みのデザインで解決する」というビジョン実現に向け、一貫した建築・不動産サービスを展開。社会の価値観やそこに住む人々の生活像から、より良い空間を創るための企画立案、技術によりその構想を具現化する。さらに人々を集める装置やコミュニケーションを駆使し、事業としてのマネジメントまで展開するのだ。

同社が他社(株式会社オープン・エー)と共同運営する不動産セレクトショップサイト「東京R不動産」は、月間300万PVを超えるほどの有名Webサービスへと成長している。

http://www.speac.co.jp/

事業拡大に向けての動き

資本参画による密な協業事業展開も

同社は事業展開において他社への資本参画も行っている。株式会社森と市庭にR不動産株式会社を通して資本参加し、森と市庭社が展開する森林再生事業での関係強化が見受けられる。また、コワーキングスペース・コミュニティの運営を行う株式会社ハブ・トーキョーへも資本参画している。ハブ・トーキョー社とは、使われなくなった元印刷工場のスペースを、アントレプレナー達のワークスペースやクリエーター達のシェアオフィスへと再生するプロジェクトを実施。

 

(2016年4月 コンサル業界ニュース編集部によるまとめ)

コンサルファームからの起業

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

ページの先頭へ