コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

コンサル業界ニュース

タグ: 決算

デロイト グローバル、2017年通期売上高は388億ドルで8年連続成長


 

【ロンドン】デロイト グローバルは2017年5月期通期の決算を発表し、売上高は388億米ドル(約4兆3270億円)だった。これで8年連続の成長。全てのビジネス、インダストリー、地域でプラス成長となり、過去2年間現地通貨ベースで平均8.3%の売上高成長となった。

 デロイトはあらゆる地域やサービス領域でクライアントにインパクトをもたらすことに焦点を当て続け、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、リスクアドバイザリー、税務・法務の5大コアビジネス全てで成長を達成した。

5大コアビジネスの売上高成長率は次の通り
・リスクアドバイザリー 12.9%  
・コンサルティング 10.2%
・税務・法務の売上高 6.6%
・ファイナンシャルアドバイザリー 5.8%
・監査保証業務 1%

 また、2017年度のデロイトの成長の原動力となったインダストリーは、テクノロジー・メディア・通信、消費財/産業用製品。それぞれ現地通貨ベースで9%以上の売上高成長率を達成した。

 2017年度内に全地域で約7万人を採用し将来的な人材育成にも取り組んでいる。人員数はアジア太平洋地域で10.4%増加、ビジネスではコンサルティングとリスクアソバイザリーが13%超の増加となった。

 デロイト グローバルのプニート・レンジンCEOは「デロイトの売上高の伸びには2つの要因があります。1つ目は、デロイトの複数領域で専門性を持つビジネスモデルが強い競争力をもたらしていること。2 つ目は、クライアントは変革の時代に道標を示し、絶えず変化するグローバルビジネス環境下での自己変革の促進をデロイトに期待して、デロイトを選ぶことが増えているということです」と述べた。

デロイトの発表はこちら

投稿日: 2017年09月19日 | 投稿者: S Takeo

アクセンチュア第2四半期決算発表。上方修正および好調決算を受け、株価約6%の大幅上昇。


 

アクセンチュアは3月26日、第2四半期(12月~2月)の決算を発表。
利益と収入は好調で、この決算は市場予想も上回っており、同日の株価は約6%上昇している。

2015年第2四半期のNet Revenue(売上)は前年同期と比較し+5%となり74.9億ドル。
Operating income(営業利益)は約+7%の10.2億ドル、Net incomer(純利益)は+2.8%増加し7.43億ドルとなっている

事業別にみるとコンサルティング事業のNet Revenue38.4億ドルで前年比+4%、アウトソーシング事業は36.5億ドルで前年比+6%となり、両事業ともに順調に伸びている。

同社では地域別に3つに分け売り上げを公表しているが、北米の業務委託事業が好調で前年比+13%、一方ヨーロッパは-2%となっている。成長市場では+3%となった模様。

また、2015年度(8月終了)の収入見通しを上方修正。売上高の伸び率は8~10%と前回の5~8%から上方修正とした。

詳しくは以下のリリース(PDFファイル)をご覧ください。株価についてティッカーコードはACN、各株価情報サイトでご確認ください。
http://newsroom.accenture.com/article_download.cfm?article_id=6391

投稿日: 2015年03月27日 | 投稿者: Consulting Industry News

監査法人トーマツが決算発表。増収・減益


 

監査法人トーマツは12月11日、2014年9月期決算を発表した。

売り上げにあたる業務収入は、前の期と比較し約27億円増加の865億円、営業利益においては前期に比べ3.5億円減少し、23.2億円となっている。純利益においては5.1億円減少の13.4億円となっている。以下が監査法人トーマツの発表した決算書へのリンクとなっている。
http://www2.deloitte.com/content/dam/Deloitte/jp/Documents/about-deloitte/audit/jp-audit-stakeholder2014-1.pdf

なお、新日本監査法人(EY)、あずさ監査法人(KPMG)の決算期は6月となっており、以下がそれぞれの決算書へのリンクである。

新日本監査法人 第15期業務及び財産の状況に関する説明書(平成25年7月1日~平成26年6月30日)
http://www.shinnihon.or.jp/about-us/news-releases/2014/pdf/2014-09-08-shinnihon.pdf
あずさ監査法人 第30期業務及び財産状況説明書(平成25年7月1日~平成26年6月30日)
http://www.kpmg.com/Jp/ja/about/azsa/stakeholders/Documents/public-inspection-30.pdf

投稿日: 2014年12月12日 | 投稿者: Consulting Industry News

【米国発】アクセンチュア、6-8月期決算発表。売上前年比+10%の77.8億ドル。


 

【ニューヨーク発】 9月24日、アクセンチュアは6-8月、第4四半期の決算を発表した。

6-8月期の純売上高はドル換算ベースで前年同期比10%増の77億8000万ドル。また、純利益が4.5%増加し、7億0100万ドル。

コンサルティング、アウトソーシング両事業の増収が寄与しており、コンサルティング事業の純売上高は6%増の40億ドル。アウトソーシング事業は15%増の38億ドルとなっている。比較的アウトソーシング事業の伸びが高い結果となっている。

詳しくは、以下、同社のプレスリリースのページ(英語)をご覧ください。
http://newsroom.accenture.com/news/accenture-reports-fourth-quarter-and-full-year-fiscal-2014-results-with-record-annual-revenues-and-new-bookings.htm

投稿日: 2014年09月25日 | 投稿者: Consulting Industry News

米アクセンチュア、第3四半期決算を発表。増収増益に。


 

6月26日、米アクセンチュアが3-5月期(第3四半期)決算を発表。同社の決算は増収増益となった。

3-5月期の純売上高は前年同期比7.5%増の77億4000万ドル。

コンサルティング事業の純売上高は5.7%増の40億9000万ドル、アウトソーシング事業は9.5%増の36億5000万ドルとなっている。

Operating Group別の売り上げは

・Communications, Media & Technology            : $1.52 billion(前年同期 $1.43 billion)
・Financial Services                                          : $1.68 billion(前年同期 $1.57 billion)
・Health & Public Service                                  : $1.31 billion(前年同期 $1.19 billion)
・Products                                                      : $1.91 billion(前年同期 $1.72 billion)
・Resources                                                    : $1.30 billion(前年同期 $1.28 billion)

と、いずれも、昨年を上回っている。さらに詳しくは以下のリリースをご覧ください。

https://newsroom.accenture.com/article_download.cfm?article_id=6131

投稿日: 2014年06月28日 | 投稿者: Consulting Industry News

野村総研、船井総研、ビジネスブレイン太田昭和、決算短信を発表。各社好調な決算。


 

1月30日野村総合研究所、船井総合研究所、ビジネスブレイン太田昭和の各企業は、表記の各社は決算短信を発表している。

■船井総合研究所は平成25年12月期決算(通期)の決算短信を発表

売上高 10,065百万円 (前年比11.5%増)
営業利益 2,625百万円 (前年比16.4%増)

■野村総合研究所は平成26年3月期第3四半期決算短信を発表。

売上高 279,460百万円 (前年比7.3%)
営業利益 36,036百万円 (前年比15.3%)

■ビジネスブレイン太田昭和は、平成26年3月期 第3四半期決算短信を発表

売上高 12,227百万円(前年比4.5%)
営業利益 521百万円(前年比41.4%)

コンサルサーチを運営している当社も、営業活動中に肌感覚で業界の好調ぶりを感じるが、決算発表からも各社とも増収増益となっており、業界の好調さがうかがえる。詳しくは以下のリンクをご覧ください。

船井総合研究所: http://www.funaisoken.co.jp/file/140130_accounts.pdf
野村総合研究所: http://www.nri.com/jp/ir/financial/pdf/1403tanshin_3Q.pdf
ビジネスブレイン太田昭和: http://www.bbs.co.jp/files/848fee1e5177334e662d60d4ca3f848b.pdf

投稿日: 2014年01月31日 | 投稿者: Consulting Industry News

上場コンサル各社の四半期決算比較。売上・利益ともに前年比プラス決算が多数。


 


 

10月下旬から昨日までに発表された、コンサルティング業界に関係する関係各社の決算(売上、営業利益、純利益)を決算単信ベースで比較。全体的に売上・利益とも前年比を上回る決算が多く、業界の状況上向きであることが読み取れる。(前の四半期における比較はこちらを参下さい。)

※社名部分が決算短信とリンク。クリックで元資料の確認が可能です。

※赤字は去年を下回る。青字は去年を上回る。単位は百万円。

社名 売上 前年比 営業利益 前年比 純利益 前年比
NTTデータ
(第2四半期累計、10/31発表)
613,003( +1.4% ) 2,626 ( -91.3% ) -3,757 ( 去年は134億円の黒字 )
野村総合研究所
(第2四半期累計、10/25発表)
182,557 (+4.7% ) 23,281 (+13.1% ) 15,977(+19.2% )
三菱総合研究所
(通期累計、10/31発表)
81,127 (+7.6% ) 5,370 (+73.7% ) 2,885 (+152.9% )
電通国際情報サービス
(第2四半期累計、10/31発表)
35,087 (+3.6% ) -1,249 (-15.4%) 931 (-1.6%)
フューチャーアーキテクト
(第3四半期累計、10/29発表)
21,755(+25.9% ) 2,520 (+88.9% ) 1,598(+99.5% )
ビジネスブレイン太田昭和
(第2四半期累計、10/29発表)
8,139 (+4.9% ) 408 (+52.2%) 245(+101.6%)
シンプレクス・ホールディングス
(第2四半期累計、10/23発表)
7,679 ( -4.7% ) 788 ( -31.7% ) 493 ( -24.5% )
船井総合研究所
(第3四半期累計、10/30発表)
7,235 (+11.7% ) 1,898 (+12.0% ) 1,529(+56.2% )
ドリームインキュベーター
(第2四半期累計、10/29発表)
4,385(+15.0% ) 519 (+6.3% ) 441 (+37.9% )
タナベ経営
(第2四半期累計、11/6発表予定)
11月6日発表予定 11月6日発表予定 11月6日発表予定
山田ビジネスコンサルティング
(第2四半期累計、10/29発表
)
3,452(+4.7%) 816 (+16.7% ) 740 (+113.9% )
ウルシステムズ
(ULSグループ、第2四半期、11/8発表
)
11月8日発表予定 11月8日発表予定 11月8日発表予定
ジェクシード
(第2四半期、11/13発表)
11月13日発表予定 11月13日発表予定 11月13日発表予定


 

投稿日: 2013年11月01日 | 投稿者: Consulting Industry News



フライヤー大賀康史氏インタビュー


リンカーズ前田佳宏氏インタビュー


CrowdRealty山田恭平氏インタビュー


プロレド・パートナーズインタビュー


ClipLineインタビュー


Vision Forestインタビュー


東京Vとの資本業務提携インタビュー


フリーコンサルタントに案件紹介
コンサルサーチ


コンサルファーム卒業後の起業を支援
Think CAREER


ポストコンサルキャリアで経営者を目指す方を支援
Think CAREER
お問合せ プロフェッショナルを探す企業の方はこちら コンサル登録 スキル・ご要望にマッチした案件情報を随時ご紹介いたします 独立のご相談 独立や起業を検討されている「検討中」の皆様も、是非、弊社にコンタクトください

1.ファーム別

2.テーマ別

3.業界別

5.その他のニュース

未分類