コンサル業界ニュース

2016.04.24 タイムデザイン高松祐三氏(トーマツコンサルティング出身)

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

コンサルティングファームからの起業家
コンサルグファームを卒業後に「起業」にチャレンジしている人は多い。
本特集「コンサルティングファームを経た起業家たち」では、コンサル出身の起業家を詳細に紹介します

→特集トップページへはこちらをクリックしてください
 

高松祐三氏のプロフィール

トーマツコンサルティングの経験を活かし起業へ


タイムデザイン高松祐三氏

タイムデザイン創業者の高松祐三氏は2003年慶応義塾大学環境情報学部を卒業。その後、トーマツコンサルティング(現デロイトトーマツコンサルティング)に入社。マーケティング戦略、中期経営計画策定、組織・オペレーション改善など幅広いプロジェクトに従事。

新規事業立案やコンサルティング業務など様々な経験を活かし、2006年株式会社タイムデザイン(以下タイムデザイン)を設立。同社代表取締役に就任した。

 

出典:同社WEBサイト http://www.timedesign.co.jp/

タイムデザイン社のプロフィール

ASPサービスで「ダイナミックパッケージ」を提供。新しい旅行の形を実現

高松祐三氏が設立したタイムデザイン社は、航空会社や宿泊施設などの企業に対し、ユーザーが航空チケットや滞在施設、レンタカーなど旅行に関連する必要な予約を一括手配できる「ダイナミックパッケージ」のASPサービスを提供している。同社が自社開発したASPサービス「ツアービルダー」により、ユーザーは各会社の公式サイトから旅に必要な予約を一括で行うことが可能になるのだ。

例えば、ある宿泊施設が自社ホームページに「ツアービルダー」を組み込み相乗させると、ユーザーは宿泊施設ホームページ上で部屋の予約と同時に航空チケットやレンタカー、旅先のアクティビティに至るまで一貫して手配ができるのだ。

同サービスは、利便性などユーザーへのメリットはもちろんのこと、企業にとっても自社サービスに加え、競争力の高い優良な商材を提供でき、自社サービスからの収入以外に新たな収益(チケット販売手数料)を得られるなど、大きなメリットがある。国内運行中のほぼ全ての航空会社や、1800以上の宿泊施設が、既に同サービスを導入しているという。

http://www.timedesign.co.jp/

資金調達状況・事業拡大に向けての動き

一休、星野リゾート、カカクコムに対し第三者割当増資を実施

同社は2007年に開始した主軸の「ツアービルダー」を武器に、着実にビジネスを拡大。2008年には株式会社一休に対して第三者割当増資を実施し、資本金を約3500万円とした。その後、2013年までの5年間でツアービルダーにて利用可能な航空券を12社にまで拡大。

さらに、2014年にはスターフライヤー公式ダイナミックパッケージの提供を開始。同年3月には株式会社カカクコムおよび株式会社星野リゾートに対して、2億円の第三者割当増資を実施。同増資によりカカクコムの連結子会社となり、調達資金で経営基盤の強化やシステム連携強化、サービス提供領域拡大を目指すという。

 

(2016年4月 コンサル業界ニュース編集部によるまとめ)

コンサルファームからの起業

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

ページの先頭へ