コンサル業界ニュース

2016.04.24 ロコンド田中裕輔氏(マッキンゼー出身の起業家)

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

コンサルティングファームからの起業家
コンサルグファームを卒業後に「起業」にチャレンジしている人は多い。
本特集「コンサルティングファームを経た起業家たち」では、コンサル出身の起業家を詳細に紹介します

→特集トップページへはこちらをクリックしてください
 

田中祐輔氏のプロフィール

マッキンゼーでのコンサル経験、米国でのMBA取得を経て起業

ロコンドで創業初期から代表取締役をつとめる田中祐輔氏は、2003年一橋大学経済学部経済学科を卒業し、マッキンゼーに入社。26歳でマネージャーに昇進。2009年カリフォルニア大学バークレー校にてMBAを取得。その後、アメリカにてNarrow Earth社を設立した。このNarrow Earth社を売却、DeNA Globalの製品・マーケティング上級副社長を経て、2011年4月、靴の通販サイト「ロコンド」を運営する株式会社ジェイドの創業に参画。同年5月、代表取締役に就任した。

※株式会社ジェイドは、2012年8月より社名を株式会社ロコンドへ変更している。

ロコンド社のサービス

99日間返品可能。最高のおもてなしを提供する通販サイト

田中裕輔氏が設立したロコンド社は、ファッション通販サイト「ロコンド」を運営。最大の特徴は、商品の無料発送に加え、99日間の返品が無料(返送料も無料)であることだ。従来のファッション通販サイトでは、試着ができないことから、利用に抵抗を感じる人が多かった。そのような顧客の不安を解消するために、日本で初めて「買ってから選ぶ」通販サイトをスタートした。

他にもロコンドの「おもてなし」サービスとして、なんでも相談できるコンシェルジュや、無料の翌日お届け便などを提供している。すべての顧客が「安心して楽しく買い物ができる」ことを意識したサービスとなっている。

現在は靴を中心としたサービスであるが、徐々に鞄の取り扱いも増えており、売り上げ全体の15%を占めるまでになっている。アパレルに関しては試験的に2015年9月から取扱いを始めており、2016年中には拡大する予定という。

 

資金調達状況・事業拡大に向けての動き

5度に渡る資金調達。他社との業務提携でサービス拡充も

2011年の創業以来、ロコンドは数度の資金調達を行い、事業拡大を実施。2012年7月には、みずほキャピタルとネオステラキャピタルから2億円を調達。2013年6月にはエキサイト、リードキャピタルマネジメント、伊藤忠テクノロジーベンチャーズの3社が運営するファンドからシリーズBとして6億円を、2014年9月にはシリーズCでジャフコより5億円を調達。

2015年5月、ロコンドはアルペンと資本業務提携を締結し、10億円の資金調達と同時にスポーツファッションのECサイト「LOCOSPO(ロコスポ)powered by Alpen Group」の開発・運営をスタートした。その後も、2016年2月に楽天からシリーズEの資金調達を実施。2015年度見込みで取引高は100億円という。

 

(2016年4月 コンサル業界ニュース編集部によるまとめ)

コンサルファームからの起業

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

ページの先頭へ